aamall

April 23, 2007

レアルタ・ヌア感想/プレイ日記4−セイバー登場編−

 「――問おう。貴方が、私のマスターか」(セイバー)

 プロローグリフレイン3日目にして、士郎がランサーに再殺されそうになった所で作中三度目のセイバー登場シーン。残りは、凛さまに連れられていった言峰教会にて言峰綺礼から聖杯戦争の説明を受けて、士郎も聖杯戦争に参戦。帰りにイリヤ&バーサーカーに襲われ、死んだと思ったら生きてて、翌朝、凛さまとバーサーカーを倒すまで協力しましょう同盟を結ぶまで。

 ◇

 セイバー登場シーンはプロローグ冒頭も合わせると、3度目です。どれだけ気合い入ってるのかという感じですが、それだけに場面として美しい。飽きずに何度も読みふけってしまう場面です。そしてそのままランサーとセイバーのバトルに入りつつ水入りし、時間軸がプロローグ終了時点に戻り、セイバーに剣を突きつけられた凛さまや如何に?という場面へ。

 答えとしては、士郎の女の子が剣を振り回すのはどうか発言に、セイバーが虚をつかれて、そのまま士郎の言う通りに凛さまにトドメを刺すのをやめる展開に。そして、ここで士郎が、憧れの遠坂凛が魔術師であったことを知ります。ついでに凛さまの素の性格も知ってしまい微妙にショックを受けたりも。

 そしてそのまま凛さまに連れられて、状況把握のために言峰教会へ。そこで言峰綺礼との正義問答を経て、士郎、聖杯戦争参加に踏み切ります(というか選択肢で出て、参加するを選んだ)。理由は、正義の味方たらんとする士郎の原体験である幼少の頃の大火事が、聖杯戦争が原因であったことを知ってしまったから。他人を傷つける願望は無くとも、心ない他者に聖杯が渡ることで大きな悲劇が起こされるのならばと、「関わる」ことを選択。しかし、その表面的にはひどく真っ当に見える選択も、

 「喜べ少年。君の願いはようやく叶う」(言峰綺礼)

 と、言峰綺礼から士郎が深層では理解していた真実を突きつけられて疑問符を与えられる選択として描かれています。正義の味方になるには、悪が必要だから、「守る」という行為に価値を見いだすのは、裏を返せば守る対象を「侵す」者の存在を望んでいるということ。この辺りの正義論は読み応えがありました。この辺りの、選択するものに価値を認めることと、選択しなかったものを切り捨てることは同義であるという真実に、一つ作品のテーマがありそうです。士郎は幼い頃自分を救ってくれた義父衛宮切嗣を英雄視してるんですが、まだ、自分が救われたということは、切嗣が他の誰かを救わなかったということだという真実を頭に落とし込めていない。この辺りがキーポイントになりそう。

 そして、『空の境界』でもあった橋のこちら側と向こう側とで「日常」と「非日常」を表現する橋を渡る情景描写が挿入された所で、いよいよ「非日常」としてイリヤ&バーサーカー襲来。最強のサーヴァントでもさすがにまだ本調子じゃなく、本日3戦目はきつかったということでセイバー絶対絶命のピンチに。ここでセイバーを助けるか凛さまを連れて逃げるかの選択肢が登場し、最初はセイバールートだろ!っていうことでセイバーさんを助けようとしたら、あっけなく士郎腹をかっさばかれます。焦った。いきなりバッドエンドかと思った。

 無事?翌日に目を覚ますと、不思議現象でセイバーからの魔力逆流現象+「何か」のせいで士郎は治癒力が高まってると凛さまから説明があり、そのままバーサーカーを倒すまでは協力しましょう提案をされて、それを受けることに。ここでも凛さまと、若干の正義問答あり。士郎、出会う人出会う人皆から、お前の正義は理想論だ的なことを言われまくってます。僕もそう思うけど、とりあえず頑張れ。

 ◇

 「人を助けるという事は、いずれ自身を救うという事だからな」(言峰綺礼)

 凛さまがペンダントで士郎を助けていたのが、後半にかかってくる伏線台詞です。というか、なんか、凛さまと士郎との関係もイイ。イメージ優先の間がらから始まって、徐々にお互いの素の顔にせまっていく人間関係構築劇というのは、どことなく『マリみて』チック。男女なので普通に恋愛としても成り立ちます。弓凛っていうか、何て言うの?シロ凛?

Fate/Stay nightビジュアルコレクション
Fate/Stay nightビジュアルコレクション

Fate/stay night[Realta Nua]ORIGINAL SOUNDTRACK(初回限定盤)
Fate/stay night[Realta Nua]ORIGINAL SOUNDTRACK(初回限定盤)


前回レアルタ・ヌア感想/プレイ日記3へ
次回レアルタ・ヌア感想/プレイ日記5へ
レアルタ・ヌア感想/プレイ日記のインデックスへ
管理人の本家感想ブログへ

realtanua at 02:18│ twitterでつぶやくレアルタ・ヌア/感想/プレイ日記(総合) | セイバールート(Fate)/感想