aamall

April 24, 2007

レアルタ・ヌア感想/プレイ日記5−セイバーさんと凛さまと同居編−

 「ですから、そんな人間がいるとしたら、その人物の内面はどこか欠落しています」(セイバー)

 凛さまと同盟締結後、セイバーと二人きりでドギマギしてたりしたら凛さまが下宿にやって来て、そのまま一夜。翌日、桜、藤ねえ、慎二、一成と、主立ったメンバーに凛さまと一緒にいることを突っ込まれ、何とかかわして学校の昼休みを迎えた所まで。

 ◇

 「――私たちはマスターを守るための道具です。貴方も、それを正しく把握するべきだ――」(セイバー)

 士郎とセイバーとの対話の中で描かれていたのは、あくまで上記引用のように主張するセイバーと、どうしてもセイバーを人間の女の子として意識してしまう士郎との認識のズレ。セイバーさんの方がこの後女の子女の子しくなっていくのか、士郎が修羅になるエピソードが待ち受けているのか、楽しみな所。

 さらには、礼儀正しく振る舞いながらも、セイバーが自分の命より他者の命を優先するという姿勢には、内面に欠落があることを士郎に指摘。士郎的にはガチで内面を言い当てられてしまったのですが、そこの所は曖昧に言い逃れてうやむやに。どうやら、この辺りの自分の命の程度を低く扱ってしまう姿勢が今後士郎の問題点として掘り下げられていくようです。セイバーは英雄なんですが、英雄といえども自己犠牲は容認できるものではないという大前提で語ってるのが熱いです。

 そんなこんなな内に協力体制を結んだ凛さまが士郎邸に下宿してくることになり、自体は一気に息抜きのハーレムパートへ。悶々とした気持ちで一夜を過ごした後、普通に桜がやってきて、凛さまと軽い臨戦態勢に。その後同居など認めないという藤ねえ、凛さまと士郎が一緒にいるなんて!という慎二に一成と皆が士郎と凛さまに絡んできますが、凛さまがことごとく論破。凛さまカッコいい。

 ◇

 朝弱い凛さまの冴えない顔ヴァージョンとかが可愛い。この辺りの立ち絵はレアルタ・ヌアで追加された要素だったりするんでしょうか。下宿してくる仮面優等生、隣の部屋には金髪美少女、朝には後輩の女の子がご飯を作りに来てくれると、ハーレム漫画展開に入ってきた所で、ささやかな日常をとりあえずは堪能。

 ◇

 なんというか、やっぱりメインは士郎とセイバーの人間関係構築劇。まだ距離感がある二人の関係がどう変わっていくのか、そこが見所なような気がします。

Fate/Stay nightビジュアルコレクション
Fate/Stay nightビジュアルコレクション

Fate/stay night セイバー (1/8スケールPVC塗装済み完成品)
Fate/stay night セイバー (1/8スケールPVC塗装済み完成品)

前回レアルタ・ヌア感想/プレイ日記4へ
次回レアルタ・ヌア感想/プレイ日記6へ
レアルタ・ヌア感想/プレイ日記のインデックスへ
管理人の本家感想ブログへ

realtanua at 01:32│ twitterでつぶやくレアルタ・ヌア/感想/プレイ日記(総合) | セイバールート(Fate)/感想