aamall

April 25, 2007

レアルタ・ヌア感想/プレイ日記6−ライダー登場編−

 「わかりました。それではシロウ、私たちだけで寺院に赴きましょう」(セイバー)

 夜、食卓にて凛さまに加えてセイバーを桜と藤ねえに紹介して一悶着。翌日は学校の結界調査のうちに、友人の間桐慎二がライダーのマスターであることが判明。ついでに情報として得た、柳洞寺にもう一人マスターが陣取ってるという情報をもとに叩きに行くか行かざるか、選択の時まで。

 ◇

 夕食の食卓が楽しかったからこそ、一人でいるセイバーという構図に何か納得がいかないと、士郎、セイバーを居間に連れてきて桜と藤ねえに紹介。そのままセイバーの同居を認めない藤ねえとセイバーとの、道場でのバトル。当然のように藤ねえ完敗。

 翌、食卓にて微妙にうち解けた女三人組の脂肪がどこにつくかトークの中で、士郎ハーレム状態。凛さまが桜のバストサイズを知ってるあたりで、微妙に凛さまと桜の距離感を表現しています。

 そのまま学校にて凛さまから命じられて学校に張られてる結界の調査をしてるうちに、友人の間桐慎二が堂々と自らがマスターであることを告白してきます。そのまま同盟交渉に間桐邸に招かれて、そこで慎二のサーヴァント、ライダーとも遭遇。慎二が協力しての凛さま打倒を打診してきますが、そこは選択肢が出るまでもなく断ります。出口まで送ってくれた長身のお姉さんライダーに話しかけてみるかやめとくか選択肢が出たんで、ビクビクしながら話しかけてみた所、慎二の柳洞寺に陣取ってるマスターがいるとの情報が確かである旨を教えてくれます。

 同、夜に作戦会議。慎二の件、柳洞寺の件を知らなかった凛さまと、セイバーも含めて情報を出し合って情報共有まで。凛さまは戦力上まだ柳洞寺には赴かないと言いますが、一方で行く気満々のセイバーという所で、戦いに行くか行かないかの選択肢が登場という所まで。うーむ、これはどうしよう。自分ジャッジでは様子見ですが、セイバーが行きたがってるんだよなぁ。最初はセイバールートをクリアしたい身としては、どうしたものか、助言求めます。

 ◇

 今回の見所は、桜と藤ねえの元にセイバーを紹介したことについて、否とするセイバーと士郎との見解の齟齬。この、どこか普通の女の子としてセイバーを扱ってしまう士郎と、サーヴァントという役割に効率的に収まろうとするセイバーとの見解の溝を埋めていく物語が一つはありそうです。

 ◇

◇自分整理メモ

・衛宮士郎−セイバー
・遠坂凛−アーチャー
・イリヤスフィール−バーサーカー
・???−ランサー
・間桐慎二−ライダー
・学校に潜んでるもう一人−???
・柳洞寺に陣取ってる者−???

 ……と、情報としては既に7組出そろってることになります。サーヴァント情報とか、武器情報が見られるページが進行度に応じて更新されていくシステムが面白いです。真名、バーサーカーのヘラクレスはさすがに子供の頃ギリシャ神話読んだレベルで知ってたけど、ランサーのクーフーリンは『女神転生』でしか知らなかった

Fate/Stay nightビジュアルコレクション
Fate/Stay nightビジュアルコレクション

Fate/hollow ataraxia ライダー 水着Ver. (1/6スケールPVC塗装済み完成品)
Fate/hollow ataraxia ライダー 水着Ver. (1/6スケールPVC塗装済み完成品)

前回レアルタ・ヌア感想/プレイ日記5へ
次回レアルタ・ヌア感想/プレイ日記7へ
レアルタ・ヌア感想/プレイ日記のインデックスへ
管理人の本家感想ブログへ

realtanua at 03:12│ twitterでつぶやくレアルタ・ヌア/感想/プレイ日記(総合) | セイバールート(Fate)/感想