aamall

May 05, 2007

レアルタ・ヌア感想/プレイ日記15−凛ルート開始編−

 ――瞬間。
 あらゆる音が、失われた。


 3日目夜に戻り新選択肢を選択して、アーチャーの戦力がそがれない状態で、凛さま、セイバーと言峰教会へ。帰り際、セイバールートと同じくイリヤ&バーサーカーが来襲するものの、アーチャーが戦力内のために、セイバールートとは違うバトルに。アーチャーがセイバーごとバーサーカーを消し去ろうという弓の宝具で遠距離から攻撃してきて戦闘の舞台だった墓地が炎上。士郎が言いようのない吐き気を覚えた所でオープニングムービーその2へ……という所まで。

 ◇

 3日目の夜だな!ということで、バーサーカー戦時の選択肢に戻って、凛ルートだけに凛さまを連れて離脱を選んだら、いきなりDEADエンドでタイガー道場送りに。間違った。そういえば、新しい選択肢だってタイガー道場で言われてた。この選択肢は前もあったや。

 結局、一日目から読み飛ばしでやりなおしてみたら、3日目の夜のセイバーVSアーチャー時の部分で「止める」という選択肢が出現。選択したところ、令呪を一つ使用してセイバーのアーチャーへの攻撃を停止する展開に。なるほど、セイバールートでは「アーチャー消えて!」で凛さまが令呪を使用してアーチャーが戦闘不能になった所を、今回は士郎が令呪を使用してアーチャーが戦闘可能なまま物語が進むのか。

 その後はだいたい同じで、衛宮邸での凛さまのレクチャー〜言峰教会での聖杯戦争の説明〜を経て、帰り際にお約束のイリヤ&バーサーカー襲来。セイバールートとはまったく別物のバトルに。墓地に誘い込んで障害物を使いながら小回りで善戦するセイバーとか、いろいろ新鮮で飽きさせないでくれます。

 結局、墓地に誘い込んで小回り云々をまったく無効化する形で、アーチャーの遠距離宝具が炸裂。障害物をたてに云々という戦略で戦ってたセイバーに対して、障害物ごと(というかセイバーごと)爆破するというアーチャーの豪快さがイイ感じ。されど火に包まれる墓地というシチェーションで士郎は何かを感じたらしく(10年前の大火事の原体験を思い出した?)言いようのない吐き気を感じて倒れ込んだ所で、オープニングムービーVer2へ。凛ルートヴァージョンといった感じでしょうか、凛&アーチャー多め。だけど後半がほとんどオープニングムービーVer1と同じだったのがちょっと残念かな。これがアニメのガンダムシリーズだったら、「まあ、ガンダムのOPは使い回してなんぼだから」と納得できるんですが、ビジュアルノベルゲームには別な期待をよせていたので、前編新作映像で埋めて欲しかった感じ。

 さすがにセイバールート終了後は選択肢が多様化するということで、すこしネットで調べてみたんですが、遠坂凛ルートにはTrueエンドとGoodエンドの二つがあるみたい。というか、

●セイバールート("Fate")エンディング/夢の続き
●凛ルート("Unlimited Blade Works")trueエンディング/Brilliant Years
●凛ルート("Unlimited Blade Works")Goodエンディング/Sunny day
●桜ルート("Heaven's Feel")Trueエンディング/春に帰る
●桜ルート("Heaven's Feel")Normalエンディング(櫻の夢)

 とエンディングは全部で5つあった上で、すべてクリアした暁に、ようやくレアルタ・ヌアの追加エピソード、

●Last Episode(ラストエピソード)

 に入れるらしい。

 先は長いな。けど楽しいんで一向に構わない。むしろ積極的に僕の時間を奪ってくれ!くらいの勢い。凛ルートくらいは自力でクリアして、その後はそろそろレアルタヌアの攻略サイトも充実してくるだろうということで、そういうの見て全てのエンディングを効率よく読めるようにしていこう。

MON-SIEUR BOME COLLECTION No.22 Fate/stay night 遠坂 凛 (ノンスケールPVC塗装済み完成品)

Fate/stay night キャラクターイメージソングシリーズVII:衛宮士郎(杉山紀彰)

前回レアルタ・ヌア感想/プレイ日記14へ
次回レアルタ・ヌア感想/プレイ日記16へ
レアルタ・ヌア感想/プレイ日記のインデックスへ
管理人の本家感想ブログへ

realtanua at 08:58│ twitterでつぶやくレアルタ・ヌア/感想/プレイ日記(総合) | 遠坂凛ルート(Unlimited Blade Works)/感想