aamall

May 28, 2007

レアルタ・ヌア感想/プレイ日記24−VSアーチャー決着編−

 セイバーは言葉を失ったまま愕然とアーチャーを見上げる。
 それは、己の鏡像を見たような貌でもあった。


 イリヤスフィールの城でのVSアーチャー戦決着から、最終戦前夜まで。

 ◇

 アーチャーの正体は全員救済の理想を貫いた末に裏切られ、サーヴァントととして時を重ねるうちに現実に摩耗した未来の衛宮士郎本人。ということで、未だ理想を貫く現在の衛宮士郎VS、その理想を否定する結論にいきついた未来の英霊エミヤという構図になります。この士郎VSアーチャー戦に入る前に、セイバーから「守ったはずの理想に裏切られた」アーチャーは「自分を殺すこと」で贖罪しようとしているのか?という述懐が入るのが熱いです。既に読者的にはセイバールートで、セイバーが信じた理想の末に辿り着いた結末が受け入れられなくて過去を改竄しようとしてサーヴァントになってることが明らかになってるので(その改竄でここに存在するセイバーが消滅するのも、アーチャーがやろうとしている自分殺しと同条件)、セイバーはエミヤと自分自身を重ねて発言してるのだという所が燃える所です。理想を信じて邁進する現在の士郎の気持ちも分かれば、理想に裏切られたすえに過去の自分を抹消しようとしてるエミヤの気持ちも分かる……と、見守るセイバー的には複雑な心境の所で、恐らくこのルートのメインバトル、士郎VSアーチャー戦が開始。

 アーチャーが、他人>自分というあり方のいびつさ、全員救済という理想は衛宮士郎のものではなく、衛宮切嗣のものである借り物の理想だ!などと、とことん士郎のあり方を否定する言葉を突きつけてきて、士郎が絶対絶命の状況に追い込まれます。が、追い込まれるまで追い込まれた所で、セイバールートの教会のシーンで語られた士郎の「信念」が発動し、理想を追ったこれまでの過程は無駄じゃない、間違ってないと覚醒して逆転。この士郎の言葉が、セイバールートでたとえ悲劇的な結末に辿り着いたとしても、セイバーが生きた過程は誇れるものだとセイバーに悟らせたように、同じく悲劇的な結末に辿り着いたとしても、アーチャー自身が追った理想の過程は間違ってないと、強くアーチャーに訴えかけます。結果、アーチャーは、遥昔に無くしたはずの自身の「理想」を追う気持ちを思いだしてしまい、士郎のもとに敗北。

 ここでギルガメッシュが現れて、セイバー、凛さま、アーチャー、士郎を含め、その場にいるもの全員を抹殺するべく宝具の雨を仕掛けてくるんですが、ここで最後にアーチャーが士郎をかばって生かすという展開に。これ、ほとんど神業的。アーチャーが自分自身を投げ捨てて士郎を救ったという点では他者>自分で、士郎的で理想的な反面、救った対象が自分自身であるがゆえに、厳密には自己犠牲ではなくて自己保全であるという、複雑なシーン。それでも、他者>自分という美しくもいびつな衛宮士郎のあり方と、自分自身を生かすという凛さまやらセイバーやらから散々指摘された当たり前のあり方を、両方否定しないで決着させた、衛宮士郎ルートとでも言うべきこのルートではこれしかないだろうというような結末。最後に、「(ギルガメッシュは)――おまえが倒せ」とアーチャーから士郎に送られるのも、全員救済を掲げた衛宮士郎/エミヤだからこそ、全員抹殺を掲げてるギルガメッシュを倒すのはお前だ(俺だ)という、結局理想を認めたアーチャーからの熱いメッセージ。このシーンはかなり熱い。

 ◇

 細かい所では、幕間劇で、士郎VSアーチャーの間に、凛さま救出ミッションが展開されており、その過程でランサーが言峰綺麗に令呪を使われて自害させられ、かと思いきや最後のパワーで綺麗をさして道連れにするなど、地味に一組脱落。さらに、間桐慎二は散々道化を演じた末にギルガメッシュに聖杯の器として利用されて人外の地獄に落とされるなど、ここでもマスターがもう一人脱落。士郎・セイバー・凛さまVSギルガメッシュ……という最終戦の構図が整います。

 ◇

 最終戦前は凛さまとの魔術刻印移植の一夜。ここがPC版では18禁シーンだった所でしょうか。凛さまの内面に進入した士郎が、凛さまの原初風景として、父の死と同格に宿ってる、凛さまが校庭を駆る生徒をずーっと見続けているという不思議な光景をかいま見ます。これが、「凛ルート」たるゆえんの、ラストにむけての感動伏線でしょうか。べたに、その生徒が士郎だった……だとしても、何で凛さまが眺め続けていたのか気になる所。

 ◇

 士郎VSアーチャー戦は美しかったけど、抜本的には何も解決してないよな、これ(;´Д`)。相変わらず他者>自分というあり方の士郎は人間としてはいびつなままで、ごり押しでそれでも理想を追う過程は尊いと押し切ったけど、士郎自身の歪みの解決には何らなっていないという。これはセイバールートでも同じ。この辺りが掘り下げられるのが桜ルートなのかのう。

 ◇

 そろそろこのルートもエンディング近し。今夜には、クリアまで読めるかな?

WAVE様による珠玉の『Fate/stay night』アレンジアルバム「AVALON」。ただいま全曲mp3無料公開中。ここを読んでるようなFateファンは聴くのが必然の作品です。今日はアフィリエイトリンクとか張ってられません。この後は、意気揚々と下記ページへと飛んでその世界観を堪能してください↓

AVALON

前回レアルタ・ヌア感想/プレイ日記23へ
次回レアルタ・ヌア感想/プレイ日記25へ
レアルタ・ヌア感想/プレイ日記のインデックスへ
管理人の本家感想ブログへ

realtanua at 08:29│ twitterでつぶやくレアルタ・ヌア/感想/プレイ日記(総合) | 遠坂凛ルート(Unlimited Blade Works)/感想