aamall

June 22, 2010

TYPE-MOONエースVOL.5/感想

 『魔法使いの夜』特集だけ先に別記事で書いてしまいましたが、改めて『TYPE-MOONエースVOL.5』全体の感想です。

 ◇◇◇

●『魔法使いの夜』特集

 前回の記事で触れなかった部分だと、エンディングテーマがsupercellって言うのと、選択肢無しでFateのセイバールートくらいの長さの、小説的、映画的作品って話辺りかなー。

 supercellは個人的にも普通に今でもアルバム聴いているし、コミケで発表していたような同人活動的場所から、メジャーな場にも移動していった組としてTYPE-MOONとは似てる感じなんで、面白い、なるほどと思いました。というか、僕も含めてTYPE-MOONファンとsupercellファンって客層として重なってる部分ありそうですよね。商売的な見地からも親和性が高いかも。

 選択肢無しも、僕のような「ゲームをプレイ」と言うよりは「物語を追ってる」感覚のユーザーにはありがたいかも。選択肢無しと言っても『ひぐらしのなく頃に』みたいなメタフィクション的な要素がある訳じゃなくて、普通に一本のストーリーに小説的、映画的な享受の仕方で没入して欲しい、という意図な感じ。

 広報にもよく「ジュブナイル」という言葉が使われていますし、作中も80年代の雰囲気、空気感を一つのコンセプトに作ってる印象を受けるんですが、この形式自体が「時間の流れが緩やかだった頃」に一役買っている気がします。隙間時間にモバゲー、I-PhoneアプリをどんどんDL……みたいな近年の娯楽のつき合い方とは別ベクトルの、80年代に小説を読んでいたような体験を届けたい、というような作品としてのあり方を既に感じています。


●Fate/EXTRA(フェイト/エクストラ)特集

 奈須きのこ・ワダアルゴ対談(形式のインタビュー)がクリエイター同士のやりとりって感じで面白かったです。

 奈須さんがまた娯楽の消費スピードが上がっていることに言及。スピードに合わせて一回目で分かって楽しい作品を目指すか、Fate的な何回もプレイした分発見がある的な作品を目指すか、というような話辺りが、個人的な実感としてもそういうジレンマは出てくるよなーと思う所があります。

 『Fate』など生きてるうちにプレイしておけ、とは個人的には思っていますが、あれに重厚に浸りきるだけの時間の確保が現代人には難しいので、他人には勧めずらかったりもします。これも、面白いI-Phoneアプリは簡単に人に勧められて、Twitterなどでバーッと話題になってはササッと消えていくけれど、Fateはそうそう人に勧めて時間を確保してプレイして貰える訳ではない。ただ、プレイした人で琴線に来た人には一生モノの作品になる、というような話。


●劇場版Fate/stay night UNLIMITED BLADE WORKS

 こちらもDVD&Blue-rayが9月30日に発売予定とのこと。劇場には見に行けなかったので楽しみ。


●TYPE-MOONキャラ女体化・男体化企画

 今回一番頭がおかしかった企画。参加してる絵師さんが無駄に豪華すぎる。

 わりとネタに走らず、普通にカッコ良く/可愛く仕上げている辺りがたちが悪い(笑)。


●TYPE-MOONドール特集

 ドルフィードリームの写真館、みたいな特集記事。

 手を出したら戻れないような気がして今の所踏みとどまっていますが、TYPE-MOON+ドルフィードリームの世界観はだいぶヤバいです。

 私見として、造形美だけじゃなくて、TYPE-MOONドールの場合、橙子さんの人形師関係の話なんかをユーザーは思い出すので、連想される物語性を味わうのも付加された嗜み方なんじゃないかと思っていたりします。


●TYPE-MOONイラストギャラリー

 pixivとの連動企画。個人的にちょっと出してみようかと思い至ったら、募集が終わっていたヤツ。

 『月姫』ムックなんかの頃から、TYPE-MOON作品はユーザーイラストと親和性が高いです。コミケ感覚を色んな所に持ち込んでちゃんと楽しく回っているという存在なので、pixivとは相性がいい(コミケにサークル参加するような方は、最近pixivもやってる方が多いです)。『仮面ライダーディケイド』の鳴滝さんにはこういう事例も見て貰いたい(えー)。


●ALL AROUND TYPE-MOON〜フェアリーバスターズ!〜

 「慎二VSTYPE-MOONオールスターズ」という、慎二的にキツかった漫画。鮮花推しと言うか、大好きな「劇場版空の境界第六章」ネタ満載だったので満足。

 慎二と鮮花を戦わせようとかよく思いついたなー。


 ◇◇◇

 あ、あと、付録の青子&有珠タペストリーの出来が凄く良かったです。珍しくしばらく飾ってみる。↓

100621aoari

 ◇◇◇

 とりあえず以上。

魔法使いの夜 初回版 (Amazon.co.jpオリジナル特典ポストカード付)

TYPE-MOON ( タイプムーン ) エース Vol.5 2010年 07月号 [雑誌]
TYPE-MOON ( タイプムーン ) エース Vol.5 2010年 07月号 [雑誌]

realtanua at 02:40│ twitterでつぶやく魔法使いの夜感想 | TYPE-MOON雑記