aamall

TYPE-MOON雑記

October 05, 2014

アニメ『Fate/stay night Unlimited Blade Works』始まりましたね&Fate/stay night二次創作小説同人誌『魔法使いの雑居時代1.5〜セイバーさんの同盟国』フリー公開開始

Doujinshi of saber and rin.

 相羽です。

 こちらのブログではお久しぶりです。

---


(追記)

 メインブログの方で『FGO(FateGrandOrder)』の感想・プレイ日記を書いております。よかったらこちらからよろしくです。

---


 『Fate/stay night』新アニメ『Fate/stay night Unlimited Blade Works(公式サイトニコニコチャンネル)』、始まりましたね。

 これを機会に、またこのブログを訪れて下さる方もおられるかと思うので、改めてこの記事で当ブログの『Fate』関係のコンテンツをまとめておきます。

 まず、原作ゲーム『Fate/stan night』のネタバレプレイ日記(感想)は、こちらから。↓


セイバールート(Fate)、つまり一番最初のプレイ日記から読み始める方はこちら

凛ルート(Unlimited Blade works)のプレイ日記から読み始める方はこちら

桜ルート(Heaven's Feel)のプレイ日記から読み始める方はこちら


 そして、アニメ『Fate/Zero』の感想はこちら↓


Fate/Zeroはimpermanenceの物語(原作ネタバレ注意)

Fate/Zero感想/第十五話「黄金の輝き」

Fate/Zero/第24話/「最後の令呪」/感想(ネタバレあり)


 また、今回はなにしろ世界同時放映ですので、『Fate/stay night Unlimited Blade Works』の感想はこちらのメインブログの方で(全話書くかは分かりませんが)英語で書いていくつもりです。とりあえず第00話「プロローグ」の感想はこちら。↓


Fate/stay night Unlimited Blade Works:Review episode #00


 そしてそして、新アニメ『Fate/stay night Unlimited Blade Works』放映開始に合わせて、2008年冬コミ(C75)でコピー誌の形で頒布した、凛ルートGoodエンド後を基本的な世界観とした、凛、セイバー、士郎の雑居時代の二次創作小説をPixivにてフリー公開させて頂きました。今振り返ると恥ずかしい部分もありますが、時間も経過したので。少しでも楽しんで頂けたら嬉しいです。↓


魔法使いの雑居時代1.5〜セイバーさんの同盟国/Pixiv


 ではでは、『Fate』、改めて盛り上がると嬉しいですね。

 素敵な作品は「共有体験」を生み出す、というのが最近の持論です。

 政治にしろ経済にしろ現実では「分断」に働く力学が強いと感じています。昔いっしょに活動していた人が、気が付けばいっしょにいない。「共にあること」という観点からは学校共同体も会社共同体もピンと来なくなってきてるし、今や家族共同体も危うい昨今。

 そういう中で、素敵な作品が何年かぶりに再始動したので、当時の「趣味共同体」が再び繋がり出す、みたいなのは、現在では貴重な「連帯」の力学だと思うのです。

 個人的にも昔『Fate』を媒介に繋がってた人たちとも、また再会したいなーなどと思っております(^_^.

 最近は創作活動や色々な作品の感想を書いてるメインブログの方を主体に活動してますので、そちらもよろしくです。↓

ブログ:ランゲージダイアリー

realtanua at 19:28|Permalink twitterでつぶやく

April 12, 2014

まほよ同人誌など『BOOTH』様にて通販開始しました。

まほよ同人誌表紙

 本日は4月12日なので、『魔法使いの夜』発売から2周年ですね。

 特にそれに合わせようと準備していたわけではないのですが、僕の『魔法使いの夜』二次創作同人誌『暗闇の中で灯す物語と文明のアカリ』など、TYPE-MOON系同人誌含む、同人誌既刊を、Pixiv様の提携サービス「BOOTH」様で通販を開始しましたので、欲しかったけど手に入れてなかったという方おりましたらご利用頂けたら幸いです。↓


Language×Language同人誌通販/BOOTH

realtanua at 15:21|Permalink twitterでつぶやく

November 26, 2013

劇場版「空の境界」未来福音、Blu-ray&DVDが予約開始

 『劇場版「空の境界」未来福音』のBlu-ray&DVDが予約開始です。非常に美しかった作品。





劇場版「空の境界」未来福音(通常版) [DVD]
坂本真綾
アニプレックス
2014-02-19




 DVDには「本編」と「extra chorus」セットとそれぞれバラ売りがある模様。

 僕が劇場で観てきた時の感想はこちらとなります。

realtanua at 15:39|Permalink twitterでつぶやく

October 06, 2013

劇場版「空の境界」未来福音&アニメ『プリズマ☆イリヤ』感想

 こちらのブログではお久しぶりです。

 『Fate stay night』の新しいアニメ化も発表された昨今、このブログも少しずつ保存も兼ねて運営していきたいと思っております。

 とりあえず、『劇場版「空の境界」未来福音』の感想(特典小説『終末録音』の感想含む)と、アニメ『プリズマ☆イリヤ』の感想はメインブログの方に書いておりましたので、こちらのブログからもリンクを張っておきますね。↓


劇場版「空の境界」未来福音/感想(ネタバレ注意)


プリズマ☆イリヤ感想





realtanua at 12:27|Permalink twitterでつぶやく

April 06, 2013

2013年春のサークル「Language×Language」同人誌通販(4月5日〜4月14日受付)

まほよ同人誌表紙  昨年末の冬コミ(C83)が終わってからまだ同人誌通販の窓口を開けていなかったので、春のこのタイミングで一定期間開けさせて頂きます。

 4月12日が『魔法使いの夜』発売から一周年なんで、それに合わせる感じも(C83の新刊はまほよ本だったので)。

 既刊の方もお申込み頂けますので、気になるものがあった方など、この機会に是非ご利用頂けたらと思います。続きを読む

realtanua at 04:02|Permalink twitterでつぶやく

January 16, 2013

Aoko on "Witch on the holy night"

青子/ボールペン/20130114

青子/ボールペン/20130116

Sometimes, I draw "Aoko" with a bollpoint pen.

realtanua at 03:37|Permalink twitterでつぶやく

December 13, 2012

A Fan Novel on "Witch on the holy night"

まほよ同人誌表紙 I have made a Fan Book of "Witch on the holy night".

It will be destributed in Comic Market 83 on 12.31. in Japan.

Text on this novel Fan Book is Japanese only, and 300 yen.

My circle booth is "東地区“ペ”−50a/「Language×2」".

If you have a chance to visit Japan in this winter, it wolud be my pleasure that you will enjoy this big and large OTAKU event(it is said that the number of 3 days total visitors is about 500,000).

You can get more information from my WebSite/ http://www3.plala.or.jp/languagelanguage/

Thanks.

realtanua at 14:28|Permalink twitterでつぶやく

November 20, 2012

まほよの同人誌作ってました。

まほよ同人誌表紙  相羽です。

 こちらのブログではお久しぶりになります。

 一つ前の記事で(英語の記事ですが)告知していた、『魔法使いの夜』の同人誌作っておりました。

 発行自体は11月初旬の仙台コミケ合わせでしたので、もう出来上がっております。

 冬コミ(C83)もサークルスペース頂けていたので、そちらの方にも持ち込み予定ですが、ちょっと家の私事の関係で、まだ参加できるか確定とは言えない状況だったりです。

 で、現在メインブログの方で、一定期間(11月23日(金)まで)通販を受付中ですので、冬コミはまだ状況分からないので、確実に手に入れたいと思って頂けた場合は、そちらの方をご利用頂けたらと思います。

 簡単な本の紹介も含めて、詳しくはメインブログのこちらの記事からになりますので、よろしくしてやって頂けたら幸いです〜。

 僕なりにまほよの世界観を大切に作ってみました(^_^.

realtanua at 09:38|Permalink twitterでつぶやく

September 20, 2012

I would like to make a "WITCH ON THE HOLY NIGHT" fan book.

sencomiccs

 I would like to make a "WITCH ON THE HOLY NIGHT" fan book.

 Mayby, I will release it on the event "Sendai Comike204" on November.04.2012. at Japan.

 I'm writting a fan novel passionately now.  

realtanua at 05:46|Permalink twitterでつぶやく

August 12, 2012

The result of TYPE-MOON 10th anniversary all character popularity contest.

The result of TYPE-MOON 10th anniversary all character popularity contest is announced on TYPE-MOON official WEB site.


http://www.typemoon.com/special/special_tm10thkekka/votefes/index.html


I had voted Shiki(she is the heroine of "Karano Kyoukai"), and she was ranked 2nd place in all.

Such a existential, philosophical character gets a popularity in TYPE-MOON Fans(mainly Jpanese men and women). The fact is interesting for me.

realtanua at 11:09|Permalink twitterでつぶやく

July 24, 2012

RURI HIME MAGAZINE gives rare information for us about TYPE-MOON.

RURI HIME MAGAZINE includes the interviews on top creaters in Japan.

Especially, I'm interested in the information about making of "WITCH ON THE HOLY NIGHT(MAHOU TSUKAI NO YORU)".

The photo of the first book--whchi is made as Doujinshi creation written by Kinoko Nasu(Scenario writer of Fate/stay night) is rare.



realtanua at 10:15|Permalink twitterでつぶやく

July 06, 2012

TYPE-MOON雑記(2012年7月6日)

ライブビューイング会場にてオフィシャルパンフレットの販売が決定!

 いよいよ明日のTYPE-MOONFes.。近くの劇場でライブビューイングはあれど、外仕事の時間とかぶって行けないんですが、どうもパンフレットだけは買えるっぽい? 公式にもあるらしい通販頼みの状態でしたが、一応明日映画館に行ってみる予定。普通のパンフとか売ってるコーナーに置いてくれるのかな?


・そういえばもう締め切られてしまいましたが、TYPE-MOON10周年記念のオフィシャルキャラクター人気投票、僕は式、鮮花、青子に投票しておりました。1位とか素で読めない。知名度だとセイバーさんとかになるのだろうか。個人的に式に1位票入れたのは、奈須きのこ作品にはじめて触れたのが『空の境界』だったのと、その内省的な物語に共感する部分があるから、ですかね。鮮花は鮮花好きだよ鮮花!なノリで入れた。


輝かしい星が見る夢 奈須きのこインタビュー/NETOKARU

 これは素晴らしいインタビュー記事でした。


・8月10日に出る大型の10周年記念本も予約開始です。

TYPE‐MOON 10th Anniversary Phantasm

realtanua at 05:32|Permalink twitterでつぶやく

May 24, 2012

TYPE-MOON雑記(2012年5月24日)

TYPE-MOONの原点を辿る「魔法使いの夜」インタビュー。奈須きのこ&こやまひろかず&つくりものじ氏の3名に聞く,ノベルゲームの未来と可能性/4Gamer.net

 まほよは「森と文明」をキーワードに読んでいたので興味深かったです。


3/「痛覚残留」第五回(最前線)

 天空すふぃあさんも最前線の人も、WEBだけじゃなく「紙で読みたい」と思わせてくれるのが凄い。


・ちょっと一日東京に遊びに行ってきたのですが、オフ会で『月箱』を貸して頂いたので、いよいよ『月姫』をプレイしようと思います。没頭してしまいそうなので、少しずつ……。


・それと、竹箒の同人誌『春と月と空と(竹箒のサイト)』も買えました。20日時点で秋葉原のCOMIC ZINさんでギリギリ。『空の境界』分を補給できたのも良かったのですが、思いのほか『京都、春。』の風景イラストや双子少女がよかった。人生の抱えているものを下せる日が来たら、京都に籠って小説とか書いて暮らしたいなどと思いました。

realtanua at 06:13|Permalink twitterでつぶやく

April 17, 2012

TYPE-MOON雑記(2012年4月17日)

・初回限定盤の中に入っていたチラシにもあった、『魔法使いの夜』サントラのジャケット絵が公開中(こちら)。ゲーム本体の中のSoundmodeで「久遠寺有珠」を中心にずっと聴いてます。これ、サントラはiPodじゃなくてCDラジカセ買って聴きたいとか思ってるのだった。ソニーで(笑)聴きたい。僕の80年代末の音楽環境はソニーだった!

・pixivさんのTYPE-MOON10周年イラストコンテストに何か描いてみようかと思案中。年始にSAI環境導入してからまだ1枚か2枚しか描いてないのだけど(未公開)、まほよ発売のタイミングもあり何か触発されるものがあります。

・久万梨金鹿がよかった。

・もう引退しようかと思ってたんだけど、久々に冬コミTYPE-MOONジャンルで申し込もうかくらいには刺激を受けています。80年代末をリアルで知ってる人にしか書けない切り取り方ってきっとある気がしている。劇中の80年代ネタは色々ツボでした。奈須さんや武内さんが青春時代を過ごしたであろう年齢とは違うのですが、僕もあの頃の雰囲気は肌で知っているのです。ポケベル。カセットテープとCDが同時にある感。徒歩と自転車で古本屋を回って、一冊の本を探していた。

・『魔法使いの夜』はフィギュアとか出たら絶対買ってしまうので、今から予算枠を準備しておく……。当面、発表されてるものとして、あの一番クジのドレス青子フィギュア欲しいけど、入手ハードル結構高そうだよな……。

・『Fate/Zeroセカンドシーズン』第14話、地方ゆえBS11でようやく視聴。すごいことになってました。OPもEDも、いよいよ衛宮切嗣を前面に出してフィナーレに向かっていくのか、という印象でした。OPのワンカットの意味まで原作小説踏まえて語りたくなる衝動に駆られますが、アニメから入って観てる人もいるであろうと、現時点では語らないでおくのでした。

realtanua at 07:12|Permalink twitterでつぶやく

March 27, 2012

『魔法使いの夜(Mahotsukai no Yoru)』待機中

 『魔法使いの夜』発売日に向けて待機中。アキバBlogさんなんかに発売前の秋葉原の様子が取り上げられているのを見て、盛り上がりを疑似体験中。仙台でも駅方面のショップに行けばけっこう展開されてるのかな。そんなにしょっちゅう駅方面に行けるわけでもない身の上なのですが、最近のその手のショップ様の広報展開は、既に担当の方のアートの領域になってる側面があるので、ライヴに一回は散策に行ってみたいところ。

 個人的には、前々から言ってましたが、まじで4月12日と13日はまほよ休暇予定です。今の所実現しそう。プレイ時間が20時間程度というのは発表されてるので、一周目の感想はそこそこ早くアップできるかと思います。逆にネタバレ注意状態になるので、その頃近辺は、プレイ予定の方はこのブログ読むの気をつけて頂けたらと。

 ◇◇◇

 ただ、TYPE-MOONくくりで言うと、僕がFacebookとか見てる限り海外の注目は海外配信される『Fate/Zeroセカンドシーズン』にもっぱら集まってる感じです。幼凛様に萌えくるってる海外の方、中国語のファンアート、実はけっこうあるBL需要、などなど色々見たっス。まじ、「can't wait(待ちきれない!)」みたいなコメントがFacebookページにだーって付いてたりする。国内産業の対外的価値が色々懸念されてる中、本当がんばってくれてると感じます。

 さらにはそんな中、遠坂凛様の原形とも言われる青子が主人公の『魔法使いの夜』がいち早くプレイできるというのも、これは日本在住のある種の特権感を感じます。もう、ほんとこんな感じで開国と鎖国をうまく使い分けていくといいんだよ、たぶん。

 ◇◇◇

 中世やら近代の話なんかを絡めつつ、英語でも色々テキスト書いてみるつもり。英国が重要な意味をもつ奈須作品の世界観で80年代バブル末期の日本が舞台とか、本当よく考えたな、と(いや、こっちが原形だから先に考えていたのか。)。そこにおそらくは物語使いである有珠の物語論(文明論と不可分)の射程も入っていくのが予想されそうな感じで。

 ◇◇◇

 公式英訳題と思われる『Witch on the Holy Night』よりも、『Mahotsukai no Yoru』のままでだいぶ波及してる感じでしょうか(これは最近の日本アニメとかの流れ。英訳題よりも、日本語そのままの題で語ってる外国の方が多い)。日本語教育やるつもりの身としてはありがたい。是非とも、特徴的な奈須文体について海外の方々と一緒に語れるくらいの未来を目指したいものなのでした。

魔法使いの夜 初回版 (Amazon.co.jpオリジナル特典ポストカード付)
魔法使いの夜 初回版 (Amazon.co.jpオリジナル特典ポストカード付)

realtanua at 16:54|Permalink twitterでつぶやく

February 24, 2012

Fate/Zeroはimpermanenceの物語(原作ネタバレ注意)

 虚淵玄さんの原作最終巻までのネタバレ込みで書いてるので、アニメセカンドシーズンを楽しみにしてるという方は注意です。

 ◇◇◇

 ◇◇◇

 ◇◇◇

 ◇◇◇

 世界同時配信ゆえに外国の方の感想も他の作品に比べてよく見かけるアニメ『Fate/Zero』ですが、僕個人は外国の方向けにはimpermanenceという言葉でこの作品については語っています。「無常観」とか訳すことがあります。盛者必衰、諸行無常、みたいな感じ。

 原作の原典『Fate/stay night』自体が、奈須さんの意図は置いておいても文化的に進歩史観がベースにあるであろうアーサー王物語に輪廻とか無常といった仏教的史観を持ち込んでみたものという気がしてるのですが、『Fate/Zero』はより、無常の「落ちる」側、「滅びる」側に焦点があてられていると思います。

 各種インタビューで見られる、ハッピーエンドが書けないことに作家として悩んでいた虚淵さんが、ハッピーエンドは奈須さんに託して、最高のバッドエンドを書いた、それが作家生命の転機になった、という話とも関係がありそうですが、とにかく『Fate/Zero』は滅びる者、失われていく者が美しい。

 最初から未来がない間桐雁夜の滅び際の輝きをはじめ、キャスター(ジル・ド・レイ)ですら散り際は美しいと僕は思いました(そもそも彼の動機もまた、ジャンヌ・ダルクの「滅び」に関するものですし)。そして、一応の主人公格の衛宮切嗣、セイバー(アルトリア)まで、報われないまま滅びていく。三島由紀夫の文学の話とか外国の人に説明するのがそもそも難しいんですが、こういうマッチョとか勝利よりも、むしろ滅びが美しいっていうのは日本の文芸の系譜だろうな、とは思っています。奈須さんや虚淵さんの作品の表面的直系の系譜はいわゆる「伝奇物」作品だと思いますが、そういえば山田風太郎にしろ半村良にしろ、どことなくimpermanenceが関わってくる作品を書いています。

 ただ、『Fate/stay night』にしろ『Fate/Zero』にしろ、どうしようもないimpermanenceや滅びに対して、「一生を規定するような出会い(=Fate)」が、全ての報われなかった滅びの分の救いとして描かれているのが熱くて、この感覚を僕は輸出してみたいんですが、なかなかテキストを尽くしても英語ではまだ書けない。

 ウェイバーはライダー(イスカンダル)が結局オケアヌスには辿り着けなかったまま人生を終えたのを知る。それはどうしようもない無常だけど、しかし物語はウェイバーとライダーの「一生を規定するような出会い」が、その無常を越え得るものであるかのように、ウェイバーがライダーを失っても一人で歩みだす所で終幕する(最後のウェイバーVSギルガメッシュの最弱VS最強は何度思い出しても熱い)。

 衛宮切嗣もセイバーも報われないまま終わるけれど、この二人は運命の二人にはなれなかったかもしれないけれど、物語は『stay/night』の始まり、セイバーにおける運命の一人、衛宮士郎との出会いのシーンで幕を閉じる。こここそが、「バッドエンドをハッピーエンドに託す」箇所なので、アニメのラストシーンも凄い演出でやってくれると信じている。

 セカンドシーズンの主題歌、Kalafinaの『to the beginning』の訳は「始まりに至る」だろうという記事をこの前書いたけど、単純に「stay/night」の序幕に繋がる、という意味だけじゃなく、impermanenceの救済として、「始まり」があるんだ、という意味にもとると、凄い神作品の香りがします。

 とりあえず、英語力を磨きつつセカンドシーズン待機。

『Fate/Zero』 Blu-ray Disc Box
『Fate/Zero』 Blu-ray Disc Box

realtanua at 08:16|Permalink twitterでつぶやく

September 21, 2011

アニメ『Fate/Zero』がもうすぐ

 メインのブログの方は更新しておりましたが、こちらではお久しぶりです。全体的に震災からの生活再建モードで過ごしておりました。

 痛感してるのは、アニメとかゆっくり観てられたのも平和だったからなんだなということですが、一方でここ10年あまりのアニメ観たりな時間にも意味はあっただろうという風に持っていきたいと色々模索しております。

 そういう訳で、10月からのアニメ『Fate/Zero(公式サイト)』はじっくり視聴しようと楽しみににしています。僕が住む仙台では、関東圏での放映からは一週遅れでBS11での視聴になりそうなんですが、もうこの作品に関しては人生体験とか、そういう感じなんで特に急いで観なくてもじっくり観たいと覚悟完了しています。

 アニメにも意味があっただろうと思いながらも、一方で震災が来ようが経済危機が来ようが俺たちのオタク消費文化は終わらないぜというようなノリにももうピンと来なくなっているのも事実です。

 そんな中で『Fate/Zero』というかufotableやTYPE-MOONは随分前から「消耗品を作りたくない」という方に舵を切っている点に、何かしらピンと来るものを感じています。いや、ufotableも娯楽消費的な作品は作ってるし、TYPE-MOONもFateエクストラの続編とかモロに消費時代の産物じゃんという気もしますが、一方で制作陣のインタビューなんかを追っていると、「消耗品じゃない命かけて向き合って作る」作品というのを追ってるベクトルも彼らの中に強く存在しているのを感じます。

 確かに、『劇場版空の境界』はそういった方向の奇跡の具現で、僕としてはまったく消耗品になっていない作品。10年経っても、折に触れて見返すことがある作品です。それらを作ったスタッフが、また再結集して、決して消耗感覚ではなく「次」を作ったのがアニメ『Fate/Zero』と感じているので、これは見届けたいと思っています。

 「消耗品ではない日本発娯楽作品の可能性」としては、かなり前から原画のこやまひろかずさんやテキストの奈須さんが繰り返しじんわりと「超高速娯楽消費世界ってどうなの」感を各種インタビューで醸し出している、『魔法使いの夜』もそうです。

 早く出せ、早く出せと言ってる人達も多いんですが、そもそも制作哲学として消耗品にしないという理想を目指しているので、制作工程も発売タイミングも、市場と効率重視からは一歩距離を取ってるのだろうと推測します。

 広報キーワードの一つである「時間の流れがゆっくりだった頃」というのも、静かに反超消費主義を掲げているんだろうと。おまけに、舞台が80年代末で、バブル崩壊の頃なんですよ(つまり、既に巫条ビルのような崩壊後の廃墟ビルが描かれていた『空の境界』の少し前)。現実世界でもちょっと今年後半から来年にかけて経済情勢的にそんな感じになって、いよいよみんな「時間の流れがゆっくりだった頃」について考え始めないといけない感じになってくると思うので、そういうタイミングで時代的にリリースしてくれたらいいんだけどなと個人的には思っているのでした。

 ◇◇◇

 また、最近模索しているのは海外の人達との漫画、アニメ、芸能などの話題をきっかけとした交流の漸進的な展開、ですが、TYPE-MOONとかはどうなんだろうと色々調べ始める所です。

 SMAPとかAKB48は既に十分中国とかシンガポールで共通の話題になる規模で展開してるのが分かってるのですが、日本の漫画・アニメの「NARUTO」とかメジャー路線(「NARUTO」の海外人気は凄いです)とはまた違う辺りの話題の度合いのさじ加減ですよね。よく海外のコスプレイベントではセイバーさんとかアーチャーにコスプレしてる外国の方は見かけますけどね。微妙に、各国の神話ネタとかが作品の中核にあるので、「それ違げーよ」とか思いながら見てるんじゃないかと心配になります(笑)。そして、違うなりに受け入れられるんなら、それも多様性受容の一つの形なのだと思います。

 中期的にはそういう話題をきっかけに日本語教育のビジネスを展開していきたいんですが、とはいえそういう場面でいきなり奈須きのこテキストとかは使えないよなー、などとも考えています(笑)。たぶん既に研究してる人もいるんだと思いますが、奈須さんはおそらく文体研究とかで考えるなら泉鏡花辺りから掘り下げていく系統ですよね。そういった、ポップカルチャーを媒介にする話とは矛盾するようだけど、話題の第一歩として娯楽が機能して、そこから消耗品ではない、日本語文体論(及び他の言語の文体論との対照研究)に例えば繋げられる、と、そういう感じの活動を今はイメージしています。

oath sign【期間生産限定版】

MEMORIA(期間生産限定盤 )(アニメ盤)(DVD付)
MEMORIA(期間生産限定盤 )(アニメ盤)(DVD付)

realtanua at 06:13|Permalink twitterでつぶやく

July 01, 2011

星海社朗読館予約開始

 最終夜が奈須きのこ&武内崇コンビの『月の珊瑚』だった『坂本真綾の満月朗読館』が4連続で刊行開始。まずは、冒頭を飾る、

宮沢賢治『銀河鉄道の夜 「第9章 ジョバンニの切符」

 が予約開始です。個人的に、プロの作家さんのジョバンニ人気は鉄板な印象。

 これ、メインブログのサイドバーの方にちょっと広告張ってましたらたいへん予約入りまして、個人的には星海社の最前線のビジネスモデルって、自分の講座とかではわりと批判的に検討してたりしたんですが、意外とフリーミアムモデルでいけてるのかも、などと思いました。単純に、坂本真綾さんなんで、コンテンツ力だけでもズバ抜けてるというのももちろんあると思いますけど。

 天空すふぃあさんの『空の境界』漫画など、TYPE-MOON的にも見逃せない「最前線」の動きです。奈須さんの「月の珊瑚」はタイムリー放映時には見られなかったので、これはチェックしたい(注:「月の珊瑚」は第四弾です)。

銀河鉄道の夜 第9章「ジョバンニの切符」(星海社朗読館) (星海社FICTIONS)
銀河鉄道の夜 第9章「ジョバンニの切符」(星海社朗読館) (星海社FICTIONS)

realtanua at 16:25|Permalink twitterでつぶやく

June 25, 2011

カーニバル・ファンタズムのPVが公開

 カーニバル・ファンタズムのPVが公開です。詳しくは公式サイトのこちらからどうぞ

 ノ、ノリがいいな……。全編こういうオフィシャルで本気の同人誌やってみた的なノリなんだろうか。昨年末のTYPE-MOONエースのおまけDVDをパワーアップさせた的な、俺がサンタムだ! 的なノリ。

『カーニバル・ファンタズム』1st Seazon 初回限定版 (Blu-ray)
『カーニバル・ファンタズム』1st Seazon 初回限定版 (Blu-ray)

realtanua at 11:02|Permalink twitterでつぶやく

June 24, 2011

カーニバル・ファンタズムBlu-ray予約開始

 TYPE-MOON10周年作品『カーニバル・ファンタズム(公式サイト)』Blu-rayが予約開始です。

 久々にセイバーさんの声を聴けると聞いて。

 『魔法使いの夜』の前のTYPE-MOON分ということで一つ。

『カーニバル・ファンタズム』1st Seazon 初回限定版 (Blu-ray)
『カーニバル・ファンタズム』1st Seazon 初回限定版 (Blu-ray)

realtanua at 01:54|Permalink twitterでつぶやく

June 04, 2011

Fate/complete material IVなど

 『Fate/complete material IV』が予約開始です。1以外は集めてなかったのですが(刊行にエラく間が空いたというのもあります)、セイバーリリィやZero関係の(おそらく)版権イラストには惹かれるものがありますねー(詳しくはTYPE-MOON公式サイトを参照です)。

Fate/complete material IV Extra material. (TECHGIAN STYLE)
Fate/complete material IV Extra material. (TECHGIAN STYLE)

 奈須さんの最新の日記なんか読むと、今年こそ本当に『魔法使いの夜』出る気がしてきました。『涼宮ハルヒの驚愕』も出たくらいなんで(面白かったです)、今度こそ……。

 まほよやるまでは死ねない感で生きてる感じだからなー。

realtanua at 01:37|Permalink twitterでつぶやく

May 12, 2011

応援青子絵

 シーガルさんの震災応援イラスト企画にTYPE-MOONさんも寄稿されてますので、青子絵、まだ見てない方がいましたらどうぞ。↓

こちら

 東北地方中心に展開している僕的にも馴染み深いショップ様。近所の店舗のTwitterを補足しつつ、石巻店なんかが再開していくまでの道のりを個人的にも追っていました。

 萌えは死なない、というかパワーになる、は今後個人的なテーマにしていきたいと思っております(わりと本気)。

realtanua at 02:22|Permalink twitterでつぶやく

January 13, 2011

練習風景/ボールペンとノート

 どうも、相羽です。

 今日は淡々と日常の練習風景の数コマをば。

 ◇◇◇

久遠寺有珠1/110113

久遠寺有珠2/110113

 有珠練習中。

 iPadに取り込んでいる各種公式画像やTYPE-MOONエースの資料を見ながら模写とかして、彼女の少女性を捉えようと試みてる時間が最近では一番幸せやもしれない。

 本編発売前でも、「久遠寺有珠」という名前や「物語使い」という示唆されている設定からして、「少女性」に関しては間違いがない(実際にTYPE-MOONエースのインタビューにもこの言葉は出てくる)。

 そして一次資料を真似する(そっちに近づく)以外の方法でその少女性に近づくの難しいー。

 ◇◇◇

セイバーさんの甲冑/110113

 セイバーさん初練習中。

 そして、セイバーさんの甲冑は今まで「シンプルなデザイン」という第一印象だったんだけど、実際に描いてみるとエラく線の数も多くて色んなバランスに気を使ってあるんだなと思い知るのでした。

 どうでもいいですが、このくらいのサイズの画像アップしてると、その昔個人サイト黎明期に模写アイコンとか作ってたの思い出すな……。今ではTwitterにせいぜいブログのコメント欄になっちゃったけど、「掲示板」にキャラクターアイコンを使用して語り合うみたいな二次創作活動の文化もその昔あったんだよ!

 ◇◇◇

くま/110113

 全然関係ないクマ。

 その昔、大学の後輩のY(飄々とした男。格闘技などやってる)に「相羽先輩って実は天然ですよね!」と言われたことがあるのですが、それはあるかもしれないが、計算で狙っていってる時もあるんだよ!

 学生時代からテニプリの許斐先生は尊敬してました!

realtanua at 12:40|Permalink twitterでつぶやく

January 08, 2011

新年とまほよー

 どうも、相羽です。

 こちらのブログでは遅くなりましたがあけましておめでとうございます。

 冬コミ(C79)はお疲れ様でした。

 当サークルにはまほよ本がすでに既刊として一冊あるので(厳密には『魔法使いの夜』を含めたTYPE-MOONの「雑居」コンセプトと氷室冴子先生の『雑居時代』をかけたパロディ本ですが)、最近まほよも盛り上がってきたし、バカ売れなんじゃないかとかちょっぴり期待していたんですが、もちろんそんなことはありませんでした(笑)。まほよとか興味ある方は最初からTYPE-MOONスペース行くってことか……、それはそうだ!(今回は僕は創作漫画スペースで参加)。

 でも一冊買っていって下さった方が。感謝!

 当日の『まほよ』関係同人誌はあめとさん(ホームページ)のが良かったです(18禁本注意ですが)。うちのサークルの新刊と交換して頂いたりも。多謝。そして一つ前の魔女っ子TYPE-MOON本に載ってるあめとさんの漫画を読んで、最初の頃の鮮花漫画と変わらないノリを感じて安心したのでした。あめとさんの漫画は「ラスト1ページで超展開」か「最初の1ページから超展開」かのどちらかなので、開くとき凄いドキドキするぜ……。

 夏コミは僕も久しぶりにTYPE-MOONスペースで申し込もうかなとちょっと検討中だったり。まほよ本が既刊一冊ある訳だし、もう一回くらい発売延期になっても(弱気)、夏には発売していて、みんなと楽しくやりとりできるんじゃないかという気が……。

 青子と有珠はその後も模写したりラフ描いたりはかなりしております。今年の小さめの目標は「二次創作絵もちょくちょく描いてみる」なので、このブログも少しそんな感じにしていってみようかな、などと。

 ではでは、まほよの発売までは引き続きまったりペース更新になると思いますが、今年もよろしくお願いいたします。

realtanua at 14:10|Permalink twitterでつぶやく

December 05, 2010

TYPE-MOONエースVOL.6予約開始

 どうも相羽です。

 12月24日発売の『TYPE-MOONエースVol.6』が予約開始したので宣伝です。

 今回はさすがに『魔法使いの夜』情報大満載を期待したい所です(^_^;

TYPE-MOON (タイプムーン) エース Vol.6 2011年 01月号 [雑誌]

 ◇◇◇

 個人的には、大晦日(31日)に冬コミ(C79)にサークル参加致させて頂きます。

 今回はオリジナルの漫画、小説が中心の新刊コピー誌なので、詳しくはこちらの創作活動サイトの方をよろしくです。↓

Language×Language(ランゲージランゲージ)

 TYPE-MOON本の既刊も持っていきますので、これを機会に良かったら。大晦日で日程的に大変な方多そうですが(^_^;

realtanua at 03:26|Permalink twitterでつぶやく

October 30, 2010

TYPE-MOONエースVol.6発売決定、劇場版空の境界Blu-rayBox&終章DVDジャケット公開

 どうも、相羽です。

 『TYPE-MOONエースVol.6』が12月24日クリスマスイヴに発売決定(コンプティークのサイトなど)。

 まほよは改めて発売日告知みたいになるのでしょうか。

 確か『Fate』の時、何だかんだで日程的に冬の話なんで冬に発売という運びになったという逸話があったような。『魔法使いの夜』も冬の話なので、その季節に発売と調整したりしそうな。『劇場版空の境界』Blu-rayと同時とかはあるかもと思ってたり。

 ◇◇◇

 そして、『劇場版空の境界』Blu-rayBox&終章DVDジャケットも公開。

 まだ予約入れてない……。初回予約締め切りは11月1日なんですよねー。ヤフーオークションとかもあるご時世なので手に入らないということはないと思いつつも、迷い中。Box本体はよいとして、一からBlu-ray環境を整えないといけない状態なので、そこは冬コミの費用に回そうかな、とも。

 なまじDVDでは全巻買ったので、終章だけDVDで見て、Boxはもう少ししてからとも思ったり。さらに上の話と繋がっていて、『まほよ』がその頃発売だとすると、両方堪能する時間は厳しかったりな生活環境だからなー。

劇場版「空の境界」Blu-ray Disc BOX
劇場版「空の境界」Blu-ray Disc BOX

劇場版 「空の境界」終章/空の境界 [DVD]
劇場版 「空の境界」終章/空の境界 [DVD]

 ◇◇◇

 私事としては、冬コミ(C79)受かっておりましたのでご報告です。

 「金曜日(31日) 東地区“ウ”ブロック−12a」。サークル名は「Language×2(ランゲージランゲージ)」となっております。

 新刊はオリジナルの漫画を予定していますが、ブログサイドバーに載ってるTYPE-MOON既刊も少し持ち込みますので、良かったらよろしくです。早すぎたまほよ表紙の本とか、まほよ本体の発売とタイミング重なれば売れるんじゃとか密かに思ってたんですが、延期だったのでした。残念!

realtanua at 04:24|Permalink twitterでつぶやく

October 05, 2010

劇場版 Fate/stay night UNLIMITED BLADE WORKS/感想

 劇場には見に行けなかった『劇場版 Fate/stay night UNLIMITED BLADE WORKS』をDVDで視聴しましたので感想です。続きを読む

realtanua at 01:03|Permalink twitterでつぶやく

September 15, 2010

劇場版Fateの初回特典など

 アキバBlogさんに月末発売の『劇場版Fate』Blu-rayの初回特典の情報が色々と公開されておりました。個人メディアの場を借りて企業広報が行う告知が最初の告知という辺りに時代を感じます。

【コラム・ネタ・お知らせ】 劇場版Fate / stay night - UNLIMITED BLADE WORKS 描き下ろしジャケット3種先行公開です!/アキバBlog

 映像だけ観られればいいかなくらいに思ってたんですが、これイラスト集と原画集は欲しいな! まだ自部屋にBlu-ray環境無いんですが、特典目当てでBlu-ray版行っておくかもしれない。

realtanua at 15:47|Permalink twitterでつぶやく

September 02, 2010

「魔法使いの夜」発売延期の報など

「魔法使いの夜」発売延期のお知らせ/TYPE-MOON公式サイト

 という訳で『魔法使いの夜』発売延期に。

 KEYの麻枝准さんが、何かのインタビューで、あと一歩という感じのゲームが多いのは、クリエイターの完成系になる前に商業的市場的条件からリリースしてしまう場合が多いからということを言っていたりしたので(これは『CLANNAD』が時間かかった分成功したのは、完成系になるまでリリースを社長が待ってくれたからみたいな文脈でした)、クリエイターの完成系優先なのは僕はまあ良しと思うのですが、それとは別に単純に「待ち遠しい」という文脈からは延期は悲しい。

 公開済みのCGやらテキストを元に、冬まではイラストでも練習しておくかって感じですかね。

 Fate(僕はレアルタ・ヌアからですが)の時はそこまでできなかった分、今回はブログに少し二次創作絵アップしたりな楽しみ方もしてみたいという願望があるのですが、それにはまだ練習が必要なので(有珠描くの難しいよね!)。

 ◇◇◇

 話変わって、先日発売した『劇場版空の境界第六章』画コンテ集の、オフィシャルな特設ページができておりました(少し収録コンテも見られます)。↓

劇場版『空の境界』画コンテ集シリーズ、第6弾 第六章「忘却録音」画コンテ集、発売中!

 鮮花ー。

 見返してる率は、第六章が断トツだったりします(えー)。

劇場版 空の境界 第六章「忘却録音」画コンテ集 (講談社BOX)
劇場版 空の境界 第六章「忘却録音」画コンテ集 (講談社BOX)

 ◇◇◇

 そして気を取り直して、2号連続まほよ特集第2弾の「コンプティーク」10月号も予約開始ー(10日発売)。↓

 先月号の第1弾が充実していたので期待です。

コンプティーク 2010年 10月号 [雑誌]

realtanua at 11:25|Permalink twitterでつぶやく

August 27, 2010

劇場版「空の境界」Blu-ray Disc BOX&終章、第六章画コンテ集、など

 どうも。TYPE-MOON的に関連商品ラッシュでどれから言及すべきかという感じですが、とりあえず全部列挙。

●劇場版「空の境界」Blu-ray Disc BOX&終章

 先日から公式サイト(音注意)で行われていた謎のカウントダウンの正体は、ブルーレイディスクボックス&終章の発表でありました。終章、TYPE-MOONエースなんかで近藤光社長(Twitter)が進行中ですとは書いてましたが、ついにきたか……。「雪景色」という表現に何故か感じ入るものがある僕としては、どうしようもなく見たい……。

 そして、Blu-ray Disc BOXは、個人的につい最近国策の地デジ移行に合わせて最新のTVを買った所だったので、タイミング的にちょうど良かったです。これで最高の口実ができて、いよいよ我が家もBlu-ray視聴環境に移行という感じです。来年の2月かー。稼ごう(えー)。

●劇場版「空の境界」第六章「忘却録音」画コンテ集

 こちらも9月2日についに発売とのこと。

 この劇場公開から画コンテ集発売までの空白期間に僕が絵を描くようになったというのもありますが、特に第六章は少女小説研究家の僕的に特別なので、これは模写したり色々使い倒すことになりそう。

 普通に考えて、あの映画のコンテがじっくり見られるというのは破格。あんな鮮花カット、こんな鮮花カットが!(そっちか!)

●佐々木少年版『真月譚月姫』9巻

 こっちも9月27日に発売。

 昔からのファンからすると、原作同人ゲームやろうよという話になるんだと思うんですが、中々手に入らない現状からして、一般の読者には最高の月姫分だったと思いました(つい最近連載の方が完結)。

 「まほよ」から月姫リメイク始動までだいぶ間が空くのだと思うので、長く手元に置いておきたい月姫分になりそうです。

劇場版「空の境界」Blu-ray Disc BOX
劇場版「空の境界」Blu-ray Disc BOX

劇場版 「空の境界」終章/空の境界 [DVD]

劇場版 空の境界 第六章「忘却録音」 画コンテ集 (講談社BOX)

真月譚月姫(9)(DC)

realtanua at 03:10|Permalink twitterでつぶやく