aamall

TYPE-MOON雑記

August 25, 2010

コンプティーク9月号感想と、『星が瞬くこんな夜に』届きました。など

 という訳で、「魔法使いの夜」関係で、購入しておりました「コンプティーク」9月号の話と、昨日届いたsupercellのエンディング曲「星が瞬くこんな夜に」の話をば。(ネタバレ注意です)

●コンプティーク2010年9月号/感想

 新しいCGとかは公開されないんじゃないの、表紙絵だけで儲けもの、くらいに思っていたんですが、コンプティークナメてました。有珠の魔術から新キャラ立ち絵、新公開のCG、ショップ特典のイラストラフまでと盛りだくさんな内容でした。TYPE-MOONエース並、だと……。

 有珠の魔術は、「物語」の幻想の顕現。ゆえに有珠=アリスとかかってるっぽいし、公開されてるCGに青い鳥とかも映ってるっぽい。「Fate」や「空の境界」以前の奈須作品の原型ということで、Fateの物語に出て来た英雄の召還や古典物語を本歌どって古典物語(例えばアーサー王伝説)と作品本体の物語(Fateという物語)とを行き来する構造とか、原液的なアイデアはこの有珠の魔術にあったのかもしれない。

 つかこれ、人形師(橙子さん)VS物語師(有珠)っていう展開になるってことか? 熱すぎるな……。キャラクターに息吹を吹き込む的な意味合いは同じでも、物質と想像の点で異なる……的な。

・新キャラ

 文柄詠梨(ふみづかえいり)、周瀬律架(すせりつか)、周瀬唯架(すせゆいか)の三人で、いずれも聖堂教会関係者(仮)。

 おおう、やっぱり聖堂教会一派も物語に関係してくるっぽい。いよいよ奈須世界の最新作にして原風景という感じ。それを言い出すと、「物語」も「人形」も「教会」とは色々連想が働く訳で……。事前情報からして、Fate的な強者と弱者(「空の境界」なら荒耶宗蓮と臙条巴で表現した主題と言ってもよいかも)の主題も絡んでくるっぽいので、青子(強者を認めるも弱者を捨てきれない)と教会のストーリーも楽しみ

 ◇◇◇

●星が瞬くこんな夜に

 supercellによる「魔法使いの夜」エンディング曲。この曲目当てでしたが、収録されてる3曲全部良かった。

 なんか、この言葉使ってれば今のところ「まほよ」は語れるんじゃないかという感じですが(汗)、「80年代」のミュージックシーンの、現代のリビルドヴァージョンという印象を受けました。

 おそらくは、作中はWINKがポップシーンを駆け抜けている反面で、猪瀬直樹『ミカドの肖像』のプロローグで「MIKADO」というデュオに関する評論が論じられていたような時代。

 一時の繁栄と、その中にある空虚、両方が同居した時代の黄昏時のお話。そんな予感。

 都市とかビルディング自体が奈須作品では印象的に使われているのですが、『ミカドの肖像』のプロローグのロラン・バルト『表徴の帝国』の引用部分は奈須力全開な感じで、80年代へのリンクにちょうどいいかも。

 わたしの語ろうとしている都市(東京)は、次のような貴重の逆説、≪いかにもこの都市は中心をもっている。だが、その中心は空虚である≫という逆説を示してくれる。

 自分で引用を引用していて、奈須力高めのテキストだと今思った。

 理想を追う美しさの反面、主体者である衛宮士郎は空っぽだったのか、とか、黒桐幹也が愛した(少女の)両儀式は、第三の両儀式の幻影だったのか、とか。そんなお話が、繁栄と空虚さが同居した都市風景(「空の境界」なら巫条ビルなど)とリンクしながら描かれていくのが奈須作品です。そんな感覚は、おそらく「魔法使いの夜」にもある。

 ◇◇◇

 そんな感じで、コンプティークに関しては9月10日発売の10月号も別冊で「まほよ」特集ということで、そっちにも期待。

 というか、僕の感覚ではゲーム本体の発売も間近だよな(9月30日)。休暇の調節に入らないと(真面目な顔をしながら)。

コンプティーク 2010年 09月号 [雑誌]
コンプティーク 2010年 09月号 [雑誌]

うたかた花火/星が瞬くこんな夜に(初回生産限定盤)
うたかた花火/星が瞬くこんな夜に(初回生産限定盤)

realtanua at 03:27|Permalink twitterでつぶやく

July 23, 2010

魔法使いの夜、応援バナーなど

 どうも、相羽です。

 TYPE-MOONオフィシャルサイトで『魔法使いの夜』の応援バナーが配布になったので、とりあえずブログTOPに設置してみました。

 敢えてキャラクター絵のヤツじゃなくて、個人的に一番インスピレーションを貰っている背景絵で。ちゃんと用意している辺りに「分かってるな」感を感じます(笑)。

 次に情報が出るのは、おそらく特集が組まれるという8月10日発売の「コンプティーク9月号」でしょうか。

 夏コミと合わせて、色々楽しみです(^_^;

realtanua at 23:59|Permalink twitterでつぶやく

July 14, 2010

TYPE-MOON夏コミ情報など

 『魔法使いの夜』公式サイト(音注意)が本オープンしておりました。

 サイトのBGMがたぶん劇中BGMの一つなんですよね。始めて聴いた時点でちゃんと80年代、と思いつつ、同時に古くはないと思えた辺りが凄い。supercellのエンディング曲も楽しみです。

 あと、TwitterのTYPE-MOON公式アカウントにて、どうやら前回は見送ったんですが、今回は夏コミに参加するらしく、近々TYPE-MOON公式サイトでもアナウンスするというようなツイートが流れてきました。今年はどう考えてもまほよグッズだよなー。限りなく欲しくなりそうですが、企業ブース、しかもTYPE-MOONとか一回も並んだことないんで躊躇する所(『空の境界未来福音』なんかも結局後日同人ショップで買いました)。

 そして、アニメFateBlue-rayBoxが再販。凛ルート劇場版合わせですねー。ラジオも始まったり、新作のまほよ合わせで色々動いているのは楽しいです。

Fate/stay night Blu-ray BOX 期間限定生産
Fate/stay night Blu-ray BOX 期間限定生産

realtanua at 12:19|Permalink twitterでつぶやく

June 30, 2010

セイバー、凛、桜

「仮面ライダーカブト」(37〜49話/全49話)/特撮-13月の迷宮

 じわじわとくる良い感想。

>「自分が変われば世界は変わる」という天道の台詞は聞くタイミング次第で響くものがあるだろう。

 Twitterで六法氷樹さん(http://twitter.com/roppou_hyouki)もいつだかつぶやいていたと思うんですが、凛様の、

「なんで? 世界なんて、とっくにわたしの物じゃない」

 もこれに近い。

 セイバールートのセイバーさんは、理想と言いつつ世界の方を変えようとしていた感があります。

 あのルートをプレイすると、問答無用で、ああ、やっぱあるべき理想を目指して全てを捧げるって尊いよなーと思えるんですが、一方でセイバーさんは『空の境界』の荒耶宋蓮に近いよな、と言うような話もオフ会でしたことがあります。

 つまり、荒耶が橙子さんに指摘されたように、セイバーさんも、あなたの理想、あなたの目指す世界、あなたが守りたい人間、それはあなたの頭の中にあるだけだ、と指摘され得てしまう。現実の方は世界も人間ももっと愚か、という。

 一方で桜ルートになってしまうと、自分自身が世界に害なす存在なので、自分を殺すか世界を殺すか問題にまで発展してしまう。本質は悪(世界に害なす)だとしても、存在すること自体は否定されるべきではない、と言う言峰の方がラスボスと言う、凄いルート。

 真ん中が凛ルートなのはやっぱりそういうテーマ上の意味もある気がして、この問題の振れ幅を調節しながら、なんとか自分も世界も両方守っていけるのは、たぶん凛様だけ。アーチャー化しない士郎があり得るのは、たぶん凛様がパートナーの凛ルートアフターだけなんじゃないかなんて解釈しております。

 今思ったんだけど、凛様が桜ルートの最後に使う魔法が平行世界ネタなのもこの辺りに関係してるのか。超マクロな視点もありつつ、だけど極点で桜(ミクロ)を切ることはできない……という辺りが、一番作中解付近にいるキャラクターだと思ったりするのでした。

フェイト/ステイナイト[レアルタ・ヌア] PlayStation 2 the Best
フェイト/ステイナイト[レアルタ・ヌア] PlayStation 2 the Best

realtanua at 12:54|Permalink twitterでつぶやく

June 23, 2010

劇場版Fate、予約開始

 おそらく明日がネット予約解禁の『魔法使いの夜』に先がけて、『劇場版Fate』のBlue-ray&DVDが予約開始です。

 『魔法使いの夜』と同日の9月30日発売ということで、当日は僕は「まほよ」優先ですが、当然こっちも観ます(地方というのもあり、劇場ではまだ観てなかったので)。

劇場版 Fate/stay night UNLIMITED BLADE WORKS 〈初回限定版〉[Blu-ray]
劇場版 Fate/stay night UNLIMITED BLADE WORKS 〈初回限定版〉[Blu-ray]

劇場版 Fate/stay night UNLIMITED BLADE WORKS [DVD]
劇場版 Fate/stay night UNLIMITED BLADE WORKS [DVD]

realtanua at 16:26|Permalink twitterでつぶやく

June 22, 2010

TYPE-MOONエースVOL.5/感想

 『魔法使いの夜』特集だけ先に別記事で書いてしまいましたが、改めて『TYPE-MOONエースVOL.5』全体の感想です。続きを読む

realtanua at 02:40|Permalink twitterでつぶやく

December 28, 2009

冬コミ(C77)参加情報

 どうも、相羽です。

 今回は新刊はTYPE-MOON関連じゃなくてオリジナルの小説と漫画なんですが、既刊のTYPE-MOON二次創作本の方も持っていきますので、一応このブログでも冬コミ(C77)参加情報を宣伝させて頂きますね(^^;

 ◇

●イベント名:コミックマーケット77(2009冬コミ)
●サークル名:Language×2(ランゲージランゲージ)
●スペース:創作(文芸)スペース/2日目(30日) 東2地区“T”ブロック 52b

●頒布物

▼新刊▼

1.『終末の週末』

幻想少女小説『終末の週末』

 現時点で相羽が出せる最高の小説です。今見ると既に直したい感も感じますが、表紙などイラストも頑張って描いてみました(^^;

●小説本/48P/オフセット
●会場頒布価格:500円
●備考:09年コバルトノベル大賞2次選考



2.『真夜中のクワドラブル プロローグ』

『真夜中のクワドラブル プロローグ』表紙

 2010年にコツコツ連載予定のWEB漫画『真夜中のクワドラブル』の先行コピー冊子。
 個人的には絵の活動を開始した今年のまとめ的なものになってるつもりです。

●漫画など/8P(予定)/コピー誌
●会場頒布価格:100円



▼既刊▼

▼オリジナル▼



『夢守教会 綺麗なヒト』

 当サークルのメインWEB小説『夢守教会(公式サイト)』の書き下ろし短編小説。イラストは霧生さん
 第三話まで読んでくれた夢守教会ファンが楽しめつつ、この一冊から読み始めても、この短編が第一話の如くお話に入れるようになっております。もちろんこの一冊で完結(っていうか一区切り)する短編ですよー。地味に「解答編」の伏線になっていたりも。

・16P/A5/オフセット/200円





「パープルタイズ」

 オリジナルの少女小説。「出題編」と「解答編」の両方を収録した完全本です。イラストはlogさん
 「解答編」終盤が面白いとの噂です。いや、マジでみんな解答編解答編ってばっかり言うんで、出題編も頑張ったのに( ^・ェ・^)/(; ; )って感じなんだぜ。

・144P/A5/オフセット/600円



▼TYPE-MOON二次創作関連▼

魔法使いの雑居時代1.5表紙S

 『魔法使いの雑居時代1.5』

 「1」に続く、セイバー、凛、士郎の雑居生活SSパート1.5。
 なんか凛さまとセイバーさんがお風呂に入ったりとカオスな内容になりました。「2」ってほどちゃんとしたのが作れなかったので、「1.5」なコピー誌でゴメンです。ちょっと凛×セイバーな感じ?

・20P/A5/コピー誌/100円



『魔法使いの雑居時代』

 「雑居」をコンセプトにしたTYPE-MOONファンブック。「Fate」SS&「魔法使いの夜」イラストがメインです。
 凛ルートグッドエンド「Sunny day」のアフターを基本的な世界観としたFate二次創作SS。セイバー、凛、士郎の仲良し雑居生活のある数日を切り取ったショートストーリーみたいな感じ。

・24P/A5/オフセット/300円





▼『ひぐらしのなく頃に(解)』二次創作▼



「Mion's snow」

『ひぐらしのなく頃に』の魅音小説本。圭一×魅音な感じで甘めのホワホワ小説ながら、「祭囃し編」と「賽殺し編」のテーマにはまだのびしろがあるという解釈からシリアス目の要素も大きく導入したチャレンジ作。

・40P/A5/オフセット/400円



●当日とか

 スペースには僕の他に彩芽さんが売り子さんとしていたりいなかったりする予定です。
 僕は時々席を外すこともありますが、だいたいは30分以内に戻ってくると思うので、いなかったらまた来て頂けたら幸いです。創作(文芸)ジャンルで参加するのが初めてなのでどれくらい人が来てくれるか分からないんですが、混雑度的なものを考慮しつつ話しかけてやって頂けたらと。

 あとは、お釣りが無いようにあらかじめ気を使って頂けると大変ありがたいです。

●そんな感じで

 是非、2日目、 「東2地区“T”ブロック 52b」までお越し下さいー。

realtanua at 15:05|Permalink twitterでつぶやく

October 26, 2009

鮮花と式

 『劇場版空の境界第六章「忘却録音」』はDVD購入済みで何度も見ているのですが、最近思うのは、鮮花って式の殺人衝動について知ってるのかもな、ということ。

 劇中で明確な描写はなかったと思うのですが、例えば式が(性別的に)両儀存在であることに鮮花が言及する箇所は原作にもある訳で、だったら殺人衝動の方も知ってるのかな、と。

 そう思うと、禁忌に惹かれる鮮花と殺人衝動を持つ(ラストに種明かしされますが)式と、自身の本質が社会的には承認されない者同士、なんとなく通じる部分があるのかなという。

 そういう風に見てみると、「この変態」「異常者!」のシーンはなんかとてもいいシーンなんですよね。お互いの深刻な問題を、お互い少し分かるからこそユーモアにも転じ得るという。

 あと鮮花は幹也と結ばれるという点では式に負けるのだけど、幹也の「普通ゆえに誰とも仲良くなれるけど、本当には誰にも分かって貰えない」という孤独に気付いていた(忘却していたけど)という点では式に勝ってた気がするんだ(いや、描写が無いだけで式も気付いてるのかもしれないけど)。式はどちらかというと幹也に救われる側で、少なくとも劇中では幹也自身のそういう問題に対して積極的にアプローチしていく役割ではなかったからなー。

realtanua at 03:23|Permalink twitterでつぶやく

September 26, 2009

TYPE-MOONベストバウト私的5選

 といってもFateと空の境界しか知らなかったりですが(月姫をやったことがないんだよなー)、何となく書いてみます。

●セイバーVS佐々木小次郎/Fate

 クライマックス級のバトルじゃないながら、凄い好きな一戦。

 アーサー王と佐々木小次郎に剣劇させてみようぜ! という山田風太郎ノリのシチェーションだけでお腹いっぱいです。決着もどことなく山風忍法帳的。伝奇の系譜を自認しておられるらしい奈須きのこテキストの真骨頂という感じ。

●遠坂凛VSキャスター/unlimted blade works

 正統な魔術の系譜に誇りを持ってる遠坂家の凛様が、あらゆる魔術を布石に使って、本命は中国拳法での肉弾戦に持ち込むというカッコイイ展開の一戦。相手が魔術に関しては最強のキャスターというシチェーションで、迷わず魔術を捨てて殴りにかかる凛様が凄い。こ、この女怖いと思った瞬間。

●衛宮士郎VS言峰綺麗/Heavens feel

 Fateを締めくくる最終戦。

 存在には意味がある、自分を重ね合わせての、本質が悪でも生まれてくるものは否定されるべきではないという言峰の言い分も凄く分かる一方で、全てを犠牲にしても桜を守るという士郎の信念を捨てた信念も気高いという、ラストバトルにふさわしい正義と正義のぶつかり合い。己の存在をかけての殴り合い。これぞ、「物語」と思ったいつかFateをクリアしたあの夜。

●両儀式VS荒耶宋蓮/劇場版空の境界第五章「矛盾螺旋」

 事実上の最終戦。

 根源を求めた荒耶宋蓮に対して、荒耶の求めたものの具現とも言える第三の両儀式が、取るに足らない存在のはずだった巴くんが託した日本刀を手に戦うという神シチェーション。これは圧倒されたなぁ。それにしてもこの式、回り過ぎである。

●黒幹鮮花VS黄路美沙夜/劇場版空の境界第六章「忘却録音」

 少女小説対決。

 リアリスト少女VSファンタジー少女。

 ファンタジーな黄路先輩の妖精攻撃を、片っ端から炎で焼き尽くす鮮花さんの勇姿がカッコいい一戦。ラストのかかと落としで、鮮花、そして伝説へ。

 結局黄路先輩を助けるという終幕もどことなく少女小説的であった。

realtanua at 01:04|Permalink twitterでつぶやく

September 25, 2009

劇場版空の境界第七章「殺人考察(後)」DVDが予約開始

 お久しぶりとなりますが、夏コミ上京時に劇場で見てきたので、DVD予約開始のタイミングでちょっとだけ。

 圧倒的な映像+梶浦由記さんの音楽世界がとにかく凄すぎで、ため息しか出ない感じなんですが、お話の作りも真っ向から原作中心でした。

 式の殺人衝動に真っ向からフォーカスしていって、人間の本質として殺人を嗜好してしまうとしたらどうしたらいいのか? っていうのが痛いほど伝わってくる作りになっておりました。

 それゆえにラストの、それでも白純里緒を殺すシーンで、七章ver戦闘曲が流れてくる所で涙腺決壊状態でした。梶浦由記、恐るべし。そしてその楽曲に負けない映像を作り上げたスタッフ達に対して、本当畏敬の念を抱く感じ。

劇場版「空の境界」殺人考察(後) 【完全生産限定版】 [DVD]
劇場版「空の境界」殺人考察(後) 【完全生産限定版】 [DVD]

劇場版「空の境界」殺人考察(後) 【通常版】 [DVD]
劇場版「空の境界」殺人考察(後) 【通常版】 [DVD]

realtanua at 21:30|Permalink twitterでつぶやく

July 31, 2009

劇場版Fate/stay nightだってーっ!!

 げ、劇場版Fate/stay nightだってーっ!!

公式サイト

realtanua at 22:02|Permalink twitterでつぶやく

July 29, 2009

劇場版空の境界第六章「忘却録音」DVD発売。

 本日が「忘却録音」のDVDの発売日でありました。

 DVDで初体験という方もいると思うので、本家ブログの方に掲載していた、劇場で見た時の感想と、今回DVDで改めて見た時の感想と、二つこちらからもリンクしておきますね。↓

劇場版空の境界/第六章「忘却録音」/感想

まぎれもない少女小説の系譜〜劇場版空の境界第六章「忘却録音」〜

 劇場版空の境界は最終章である第七章も8月8日から公開決定ということで、既に上京して友人と見に行く手はずを整えております。あー、楽しみだなぁ。

 ◇

 前に書いた通り、今年の夏コミは落選したんで僕はサークル参加はしないんですが、一般参加は行けそうな雰囲気です。

 あめ のち ゆきさんの新刊表紙にメイド鮮花が載ってるので、既刊のメイド鮮花で爆殺された身としては、是非チェックしたいな、と。

 夏コミまで皆さん体調など、崩されませんようにー。

realtanua at 21:19|Permalink twitterでつぶやく

June 16, 2009

「約束する。俺は、桜だけの正義の味方になる」

「約束する。俺は、桜だけの正義の味方になる」  「約束する。俺は、桜だけの正義の味方になる」

 名場面。

 すごいインスピレーションを与えてくれる視覚的な刺激にこだわっているのですが、ArtMaterialはPCの脇において、ときどき捲っては刺激を貰っています。

 『レアルタ・ヌア』だとここでレアルタ・ヌアオリジナル楽曲「Sorrow」が流れる訳ですが、PC版だとどの曲なのかちょっと知りたかったり。「Sorrow」がハマり過ぎて感動したんで、僕の中ではこのシーン=「Sorrow」くらいの勢いなんですが。

 『レアルタ・ヌア』のPS2ベスト盤が発売したせいか、このブログのレアルタ・ヌアプレイ日記が読まれてるようで嬉しいです(^^;

 ついで報告で申し訳ないんですが、今回は夏コミ落選しましたので、残念ながら新刊は無しです。その頃までは『魔法使いの夜』も発売されていることに期待して、次回は冬コミを目指そうと思います。

realtanua at 17:47|Permalink twitterでつぶやく

May 07, 2009

『劇場版空の境界第六章忘却録音』きた!

 Amazonアソシエイトで恐縮ですが、マイ神映画がついに発売決定、予約開始です。

 無論、宮田くんが苦戦したら最後はカウンターで勝つ、To LOVE る−とらぶる−が掲載されたら、お色気シーンが入る、くらいの必然性でもって速攻予約した訳ですが、マイ嫁な方向でDVD買うのって何気に初めてかもしれないな……(遠い目をしながら)。

 マジヤバな内容ですが、案外まだ劇場で見てない人もいるかもしれないので、内容のネタバレはまだ書かないでおきます(改めて本家ブログに書いた感想をこっちにもアップするかもですが)。

 鮮花好きはとりあえず、見よう、としか……

劇場版「空の境界」 忘却録音 【完全生産限定版】 [DVD]
劇場版「空の境界」 忘却録音 【完全生産限定版】 [DVD]

劇場版「空の境界」 忘却録音 【通常版】 [DVD]
劇場版「空の境界」 忘却録音 【通常版】 [DVD]

realtanua at 23:03|Permalink twitterでつぶやく

May 04, 2009

セイバー写真集も買ったので簡単にレビュー

 生きてるうちに楽しもうという境地に開眼し、『Fate/stay nightセイバー写真集』も買ってみました↓

セイバー写真集1

 ざっと、

・女子高生鏡像セイバーさん
・パンク風セイバーさん
・スク水セイバーさん
・浴衣セイバーさん
・チャイナドレスセイバーさん
・ブルマセイバーさん
・裸ワイシャツセイバーさん
・メイドセイバーさん
・パジャマセイバーさん
・凛様衣装セイバーさん
・ウェディングドレスセイバーさん

 と、ちょ、おまえ自重しろ! みたいなラインナップのセイバーさんイラストが大型本サイズで収録されております。

 これで1800円は、個人的にはセイバーさん好きには納得のコストパフォーマンスかと。

 パンク風セイバーさんが良かったな。ちょっとだけ写メを載せてしまおう↓

セイバー写真集2

 Fate/Zeroでバイク乗ってたからな。ギター持ってパンクロックセイバーさんくらいはアリな気も。すいません。今「けいおん!」にもハマってます。

Fate/stay night セイバー写真集
Fate/stay night セイバー写真集


realtanua at 18:42|Permalink twitterでつぶやく

April 28, 2009

『Fate/complete material I Art material.』買ったよ

 今更ですが、買ってきました。

Art Material 1

 外箱デカ!

Art Material 2

 本箱はなんか魔術的

Art Material 3

 ようやっと中身。

 ◇

 内容は、僕のようなレアルタ・ヌアから入った人には見たこと無い絵がいっぱいあって良かったなー。

 PC版のR-18シーンのCGもはじめて見たし、後タイムリーにPC版発売の頃に各種メディアに露出していた販促描き下ろしイラストが載ってたのが良かった。僕は、レアルタ・ヌアの頃の販促イラストしか知らなかったんで。原画:武内崇、彩色:こやまひろかずの各種イラストは神だなー。そして今度はこやまひろかずさんが『魔法使いの夜』で原画担当と。あー、まだまだ楽しみだ。

Fate/complete material I Art material.
Fate/complete material I Art material.

realtanua at 14:29|Permalink twitterでつぶやく

December 28, 2008

凛×セイバー?FateSS本『魔法使いの雑居時代1.5』/冬コミ(C75)頒布コピー誌

魔法使いの雑居時代1.5表紙S  ギリギリですが、明後日の冬コミ3日目(火曜日)に頒布させて頂くFate/stay nightコピー誌の情報を載せておきますー。
 ちょ、ちょっとだけ凛×セイバーな感じかもだ。

詳しくはこちらからどうぞ

realtanua at 10:50|Permalink twitterでつぶやく

November 18, 2008

冬コミ(CM75)もFateで参加させて頂きます

 こちらのブログではお久しぶりです。

 再び冬コミにFateで参加させて頂く運びになったので、ご報告をば。

 

・サークル名:Language×2
・スペース:火曜日3日目(12月30日)東地区 “W”ブロック13a


 となります。

 新刊は進行が微妙で、オフになるかコピーになるかどうかなーという感じなんですが、可能な限り、再び凛、セイバー、士郎で仲良し生活なんだけどちょっぴりしんみり、みたいなお話の本を予定しております。

 少なくとも、夏コミで出した既刊(魔法使いの雑居時代イラストに、Fate小説という本)は持っていきますので、是非是非、冬コミに参加される方はふらりと足を運んで頂けたらと。

 新刊が出せそうで、情報がまとまってきたら、またこっちも更新にやってきますー。

 ◇

 時流的に、『空の境界』の方に最近は浮気気味で、特に鮮花が好きで、『劇場版第六章』を見に行く楽しみ度といったら常軌を逸してる感じなんですが、それはそれで、冬コミは凛様メインでSunny dayアフターなヤツを再び。鮮花も、凛様の原型になってる部分があるとか言われますしねー。

realtanua at 18:40|Permalink twitterでつぶやく

July 29, 2008

Fate/Zero(フェイト/ゼロ)/1〜4巻/感想/虚淵玄

 「違う。ボクは――あの人の臣下だ」(ウェイバー・ベルベット)

 『Fate/Zero(フェイト/ゼロ)』1〜4巻(完結)のネタバレ感想です。『Fate/stay night』本編のネタバレも含む点をご注意下さい。続きを読む

realtanua at 06:16|Permalink twitterでつぶやく

July 16, 2008

Fate同人誌出します

 こちらのブログではお久しぶりです。
 今日は今年の夏コミ(CM74)にてTYPE-MOON同人誌出すことになりましたので、その宣伝をば。
 Fate小説・イラスト&魔法使いの夜イラストからなるオフセット同人誌です。夏に暇な方は是非是非。
 詳しくはこちらのページに書いておりますので、クリックして読んでみて下さい↓

 http://www3.plala.or.jp/languagelanguage/
novel/tm/tm.html


 同人誌なんぞ作っておりましたが、Fateはホロウアタラクシアは既にクリアして、現在Fate/Zeroの2巻の後半読んでるとこです。劇場版『空の境界』も東京まで観に行く&DVDも買ってると、相変わらずTYPE-MOON作品にハマっております。
 その辺りもボチボチ感想アップして行こうと思っているので、時々チェックして頂けたら嬉しいですm(_ _)m
 このブログはFateブログというより、TYPE-MOONの総合ファンブログみたいな感じに近々リニューアルする予定です。メインブログで書いてる『空の境界』感想とか移して、『魔法使いの夜』が発売になった頃にはまたプレイ日記とかつけて、時々同人誌なんかも作ってと、まったりペースですが充実したコンテンツを作っていこうと思ってますんで、引き続きヨロシクですー。

realtanua at 23:51|Permalink twitterでつぶやく