aamall

Fate/Zero Column

June 27, 2012

Double meanings on the lyrics of "oath sign"

 『Fate/Zero』前期主題歌「oath sign」の歌詞には、送り手が意識してるかはともかく、日本語古語知識が少しあるとダブルミーニングになって切嗣ソングになる箇所があります。


 確かな絆を強く握り進もう


 のところ。「絆」は同じ字で「ほだし」という読みで、手枷・足枷のような意味が古語にはあります。「(馬などの)手綱を強く握り」みたいな言い方との韻で「絆を強く握り」にしてるんだろうな(zunaの音の連想)という点も上手いと思ってたのですが(実際、手綱や枷のように、繋ぐための長い紐のようなイメージがもともとある語)、それ以上に感じ入るのが「絆(ほだし)」という語が代表的に使われるシチェーションは、

 古典物語的には出家しようとした人が、だけど愛する妻や子との「絆(ほだし)」が切れなくて出家を思いとどまる、というものが多いこと。『源氏物語』でも光源氏が何度か出家しようとしても、家族との絆を切れずに思いとどまる……というシーンがあります。それくらい、足枷、障害でもあるけれど、大事なものでもあるのかもしれない、というニュアンスがある、ちょっと仏教的世界観を伴った日本語独特の含みがある語です。

 ゆえに、該当箇所の歌詞は、表面的にマスターとサーヴァントの絆(キヅナ)とか、そういうのを歌ってるのかな、という読みの他に、奇跡の具現みたいな出家願望(あっち側の世界への願望という点で共通するものがある感じ)を抱えてる切嗣が、だけどアイリスフィールやイリヤとの絆(ほだし)が切り難くて苦悩する……という含みも持っている歌詞だとも読めます。

 その後まで引用すると、


 確かな絆を強く握り進もうどこまでも 穢れきった奇跡を背に


 なので、ああもう分かるという感じ(奇跡よりも絆(ほだし))。「stay night」のセイバールート、桜ルートへのパスなのね、みたいな。

『Fate/Zero』 Blu-ray Disc Box
『Fate/Zero』 Blu-ray Disc Box

 ◇◇◇

 話変わって、六法氷樹さん(Twitter)の今日のツイート。


------------------

ちなみにFateの遠坂凛嬢は属性が五大元素統合だけど、意味合い的には全部乗せの意味であり五種類という訳ではなかったりする。地水火風とか以外にもこの世にある物には全て適正有り。逆に妹の方はこの世に存在しないものは全てに適正有り。具体的になんなのかはよくわからない

------------------


 まじか。出典分からないけど、六法さんは結構設定関係のものも読んでるので、それなりのソースっぽい。だとしたらやっぱり、stay/night物語プロローグの、


  「なんで? 世界なんて、とっくにわたしの物じゃない」(遠坂凛)


 もその辺りと関係がある台詞として描かれているのか。よく練られているなー。

 ちなみに、属性と元素とかの話は『魔法使いの夜』にも少し出てくる箇所があって、これが青子と橙子で違うんだけど(劇中の中心的な謎の一つ、何故表面的には才能があるような橙子じゃなくて、青子が魔法の継承者に選ばれたのか)、そーいうことも考えると、ちょっと第五魔法「青」の正体にも近づける気がしてきた。いつか仮説とかまとめてみたい。

realtanua at 20:04|Permalink twitterでつぶやく

June 24, 2012

Fate/Zero/第24話/「最後の令呪」/感想(ネタバレあり)

 言峰綺麗と衛宮切嗣が相反するのは、言峰綺麗が「己の本質が悪」の人間だから。『空の境界』における両儀式の殺人衝動問題から通じる、自分の本質が泥棒だったらどうするの? 問題。Zeroでの綺麗の物語は、ギルガメッシュを通して綺麗が自身を覆っていた虚飾をはがして、己の本質が悪だと自覚していく物語。世界には、最初から本質が悪の人間もいる、というストーリー。

 一方で切嗣は、100人と200人をはかりにかけたら、100人を殺して200人を生かす、という行動原理で正義(この言葉の意味はstay nightで変わるけど)を断行してきた理想の求道者なので、当然切嗣理論では、他者に悪をなす言峰綺麗は最初から抹殺しなければならない存在。同じく沢山の人間を殺すアンリマユ(この世全ての悪)を、でもあれは「生まれるのを望んでいる」と、本質が悪でも世界に生まれてきていいでしょ、と己の存在をかけて主張する言峰と、100人助かるなら当然1人(悪)は殺すよ、という切嗣の対立なのです。

 切嗣はそのあり方ゆえに100人助けるために、殺さなければならない1人がアイリスフィールやイリヤでも殺さなくてはならなくて慟哭し、綺麗はずっとどうして自分は元から切られる側(悪)なんだと苦悩する。世界の仕組みは詰んでいる。という物語。

 最終的には、この話の結末は「stay/night」の桜ルートまで出ない。「<超絶ネタバレ>衛宮切嗣がアイリスフィールに言ってやれなかった言葉、「俺は、桜だけの正義の味方になる」で衛宮士郎が桜を抱きしめる。その解答を見届けたイリヤが……」。アニメZeroから入った人にはやっぱりゲームstay/night本編もお勧めしたいなー。セイバーさんの話もセイバールートまで終わらないし。

Fate/Stay night DVD版
Fate/Stay night DVD版

『Fate/Zero』 Blu-ray Disc Box II 【完全生産限定版】【Blu-ray】

価格:26,418円
(2012/4/28 15:30時点)


(楽天BOOKS)

realtanua at 13:49|Permalink twitterでつぶやく

April 22, 2012

Fate/Zero感想/第十五話「黄金の輝き」

 BS11で地方遅れ視聴中のアニメ『Fate/Zero』セカンドシーズン第十五話「黄金の輝き」の感想です。

 ◇◇◇

 ◇◇◇

 ◇◇◇

 BGM「約束された勝利の剣」が流れはじめた所でキター状態でしたよ。「stay/night」も含めて、セイバーさんがガチでエクスカリバー使うオフィシャルシーンって数えるほどしかないんだよな。初めてゲーム版『Fate/stay night』でエクスカリバー使うシーンを読んだのを思い出す、よい演出でした(ちなみに原作ゲーム「stay/night」では初めてエクスカリバー使うシーンで、セイバーさんの正体がアーサー王だと分かるので、カタルシスが大きい)。

 燃え燃えノリノリというよりも、奈須文体(というよりそれを投影した虚淵文体)の詩をアイリスフィールが詠じる……というしんみりした方向で演出していたのも良かった。


輝けるかの剣こそは
過去・現在・未来を通じ 戦場に散っていく全てのつわもの達が今際の際に抱く悲しくも尊き理想(ゆめ)
その意志を誇りと掲げ その信義を貫けと正し
今、常勝の王は高らかに手に取る奇跡の真名を謳う。
其は……



 『Fate/Zero』はimpermanence(無常観)の物語という記事を以前書いたけど(こちら)、まさに全ての散りゆく者たちに捧げる剣。

 キャスターが散り際に幻視したジャンヌ・ダルクが(ビジュアル的にも)アルトリアに似ていた、というのはアニメ版の演出。ジャンヌ・ダルクも、オルレアンの戦いとか劇的な勝利が称えられる人でありながら、滅びの時は悲惨だった人(諸説研究されているけど)。だから、理想の果てに滅びに辿り着いたアーサー王の聖剣の光と、ジャンヌの存在が幻視的に重なる、という演出。よく考えたな、これ。

 もちろん、この「聖剣を理想を追う果てに散りゆく者たちに捧げる」的演出は、過去・現在・未来と言っているので、「現在」戦っている切嗣たちにも捧げられている。アイリスフィールがこの詩を詠じているというのがまた神演出。ちなみに、「未来」に関してはやはり「stay/night」までを射程に入れて味わいたい(凛ルートの話とか、その辺り)。

 神回でありました。

『Fate/Zero』 Blu-ray Disc Box
『Fate/Zero』 Blu-ray Disc Box

フェイト/ステイナイト[レアルタ・ヌア] PlayStation 2 the Best
フェイト/ステイナイト[レアルタ・ヌア] PlayStation 2 the Best

realtanua at 05:53|Permalink twitterでつぶやく

February 24, 2012

Fate/Zeroはimpermanenceの物語(原作ネタバレ注意)

 虚淵玄さんの原作最終巻までのネタバレ込みで書いてるので、アニメセカンドシーズンを楽しみにしてるという方は注意です。

 ◇◇◇

 ◇◇◇

 ◇◇◇

 ◇◇◇

 世界同時配信ゆえに外国の方の感想も他の作品に比べてよく見かけるアニメ『Fate/Zero』ですが、僕個人は外国の方向けにはimpermanenceという言葉でこの作品については語っています。「無常観」とか訳すことがあります。盛者必衰、諸行無常、みたいな感じ。

 原作の原典『Fate/stay night』自体が、奈須さんの意図は置いておいても文化的に進歩史観がベースにあるであろうアーサー王物語に輪廻とか無常といった仏教的史観を持ち込んでみたものという気がしてるのですが、『Fate/Zero』はより、無常の「落ちる」側、「滅びる」側に焦点があてられていると思います。

 各種インタビューで見られる、ハッピーエンドが書けないことに作家として悩んでいた虚淵さんが、ハッピーエンドは奈須さんに託して、最高のバッドエンドを書いた、それが作家生命の転機になった、という話とも関係がありそうですが、とにかく『Fate/Zero』は滅びる者、失われていく者が美しい。

 最初から未来がない間桐雁夜の滅び際の輝きをはじめ、キャスター(ジル・ド・レイ)ですら散り際は美しいと僕は思いました(そもそも彼の動機もまた、ジャンヌ・ダルクの「滅び」に関するものですし)。そして、一応の主人公格の衛宮切嗣、セイバー(アルトリア)まで、報われないまま滅びていく。三島由紀夫の文学の話とか外国の人に説明するのがそもそも難しいんですが、こういうマッチョとか勝利よりも、むしろ滅びが美しいっていうのは日本の文芸の系譜だろうな、とは思っています。奈須さんや虚淵さんの作品の表面的直系の系譜はいわゆる「伝奇物」作品だと思いますが、そういえば山田風太郎にしろ半村良にしろ、どことなくimpermanenceが関わってくる作品を書いています。

 ただ、『Fate/stay night』にしろ『Fate/Zero』にしろ、どうしようもないimpermanenceや滅びに対して、「一生を規定するような出会い(=Fate)」が、全ての報われなかった滅びの分の救いとして描かれているのが熱くて、この感覚を僕は輸出してみたいんですが、なかなかテキストを尽くしても英語ではまだ書けない。

 ウェイバーはライダー(イスカンダル)が結局オケアヌスには辿り着けなかったまま人生を終えたのを知る。それはどうしようもない無常だけど、しかし物語はウェイバーとライダーの「一生を規定するような出会い」が、その無常を越え得るものであるかのように、ウェイバーがライダーを失っても一人で歩みだす所で終幕する(最後のウェイバーVSギルガメッシュの最弱VS最強は何度思い出しても熱い)。

 衛宮切嗣もセイバーも報われないまま終わるけれど、この二人は運命の二人にはなれなかったかもしれないけれど、物語は『stay/night』の始まり、セイバーにおける運命の一人、衛宮士郎との出会いのシーンで幕を閉じる。こここそが、「バッドエンドをハッピーエンドに託す」箇所なので、アニメのラストシーンも凄い演出でやってくれると信じている。

 セカンドシーズンの主題歌、Kalafinaの『to the beginning』の訳は「始まりに至る」だろうという記事をこの前書いたけど、単純に「stay/night」の序幕に繋がる、という意味だけじゃなく、impermanenceの救済として、「始まり」があるんだ、という意味にもとると、凄い神作品の香りがします。

 とりあえず、英語力を磨きつつセカンドシーズン待機。

『Fate/Zero』 Blu-ray Disc Box
『Fate/Zero』 Blu-ray Disc Box

realtanua at 08:16|Permalink twitterでつぶやく

February 07, 2012

Kalafina is going to performing the "Fate/Zero" 2nd theme song.

Sony Music announced that Kalafina which is popular as a "Karanokyoukai" theme song is performing that for Fate/Zero 2nd season.

Ths song title is "to the beginning".

In my translation, to Japanese, "Hajimari ni itaru" which is key copy of Anime "Fate/Zero".


to the beginning(初回生産限定盤A)(DVD付)

to the beginning(初回生産限定盤B)(Blu-ray Disc付)

realtanua at 12:40|Permalink twitterでつぶやく

November 27, 2011

Doujinshi of "Fate/stay night"

I had made a Doujinshi of "Fate/stay night" about 3 years ago.

Doujinshi of saber and rin.

One is a Novel Doujinshi, so people without reading Japanese are hard to read.

Now, I'm translating one to English.

If you are interested in Doujinshi of Saber and Rin, Please do the waiting with expectation.

realtanua at 20:06|Permalink twitterでつぶやく

November 18, 2011

A symbolic "Bridge" in Fate/Zero.

Altough there are a lot of "Bridge" Scenes in Fate/Zero, "Bridge" has symbolic meaning in this Anime.

Nitobe Inazoh(author of "Bushidho") who is famous in Japan said "I wish to be a bridge across the Pacific" when Japan was Meiji and Taisho eras(about 19 century).

In that context, "Bridge" is a symbol of the point between values and values.

In Fate/Zero, Saver's values(philosophy), Kiritsugu's philosophy, many Masters and Servants philosophy, there are a lot of values, and those are crossing each other at Holy Grail War.

So, "Bridge" is symbol of this Animation.

Sometimes, I will try to introduce a critical essay(about Anime) in Japan to other language people. Thanks.

realtanua at 02:41|Permalink twitterでつぶやく

October 06, 2011

Fate/Zero Blog TOP illust full ver.

My friend Kiryu(she makes good illusts) has updated the large size of Fate/Zero illust(cool Saber and Irisviel!) in her homepage.


Her homepage is here.(Japanese only and attention on some erotic illusts.)

http://www11.plala.or.jp/centurybeat/


Very beautiful. Thanks.

Tomorrow, Fate/Zero episode1 is aired on my local area(Sendai, Miyagi) in Japan. I will enjoy it.

realtanua at 05:25|Permalink twitterでつぶやく

October 02, 2011

I have received a NEW Fate/Zero Blog TOP illust.

Fate/ZeroTOP I have received a NEW Fate/Zero Blog TOP illust from my friend. The cool Saber and Irisviel!

This illust is illustrated by Mina Kiryu who makes sophisticated illusts. Her homepage is here.(Japanese only and attention on some erotic illusts)

http://www11.plala.or.jp/centurybeat/

Thanks.

realtanua at 02:32|Permalink twitterでつぶやく

September 27, 2011

The Anime Fate/Zero is coming soon.

Three of the features of the Anime Fate/Zero are (these seem to me..) ,


1.

The first episode(#1) is one-hour Special. (according to the latest NewType which is Japanese famous anime magazine.)


2.

Kinoko Nasu , who is "Fate/stay night" original author , gives extremely good reaction to the first episode in his Blog. (He has seen the movie at a preview.)


3.

Rin is very cute. (Rin Tohsaka at "Fate/stay night" comes on to "Fate/Zero", She is young in "Fate/Zero".).


Brand new TV series "Fate/Zero" will be provided for free for 7 days with eight different language subtitles on Sunday, October 2 at 1:00am (Japan local time).


URL(to watch) is here/

http://ch.nicovideo.jp/channel/fate-zero


There are a lot of "Fate/stay night and Zero" discourses in Japanese. I will introduce some topics in English for world people as a "Fate fan" in Japan. This is my pleasure.


Thanks.

realtanua at 04:37|Permalink twitterでつぶやく

September 22, 2011

"Fate/Zero" latest episode will be provided for free for 7 days.

I say "Fate/Zero" is one of the most favorite production with TYPE-MOON & Gen Urobuchi.

On my having read the version of the novel(original) written by Urobuchi, This is the story which has a good foundation in literature and subculture(Both!).

Yesterday, Press Released that brand new TV series "Fate/Zero" will be streaming simultaneously with eight different language subtitles on Sunday, October 2 at 1:00am (Japan local time) immediately after aired in Japan.


URL(to watch) is here/

http://ch.nicovideo.jp/channel/fate-zero


Now, I have a great pleasure that I will have a shared time to watch the new Animation with world people.

I will write "Fate/Zero" reviews , and will make some pictures in this blog.

Thanks.

realtanua at 05:44|Permalink twitterでつぶやく