aamall

Fate

October 05, 2014

アニメ『Fate/stay night Unlimited Blade Works』始まりましたね&Fate/stay night二次創作小説同人誌『魔法使いの雑居時代1.5〜セイバーさんの同盟国』フリー公開開始

Doujinshi of saber and rin.

 相羽です。

 こちらのブログではお久しぶりです。

 『Fate/stay night』新アニメ『Fate/stay night Unlimited Blade Works(公式サイトニコニコチャンネル)』、始まりましたね。

 これを機会に、またこのブログを訪れて下さる方もおられるかと思うので、改めてこの記事で当ブログの『Fate』関係のコンテンツをまとめておきます。

 まず、原作ゲーム『Fate/stan night』のネタバレプレイ日記(感想)は、こちらから。↓


セイバールート(Fate)、つまり一番最初のプレイ日記から読み始める方はこちら

凛ルート(Unlimited Blade works)のプレイ日記から読み始める方はこちら

桜ルート(Heaven's Feel)のプレイ日記から読み始める方はこちら


 そして、アニメ『Fate/Zero』の感想はこちら↓


Fate/Zeroはimpermanenceの物語(原作ネタバレ注意)

Fate/Zero感想/第十五話「黄金の輝き」

Fate/Zero/第24話/「最後の令呪」/感想(ネタバレあり)


 また、今回はなにしろ世界同時放映ですので、『Fate/stay night Unlimited Blade Works』の感想はこちらのメインブログの方で(全話書くかは分かりませんが)英語で書いていくつもりです。とりあえず第00話「プロローグ」の感想はこちら。↓


Fate/stay night Unlimited Blade Works:Review episode #00


 そしてそして、新アニメ『Fate/stay night Unlimited Blade Works』放映開始に合わせて、2008年冬コミ(C75)でコピー誌の形で頒布した、凛ルートGoodエンド後を基本的な世界観とした、凛、セイバー、士郎の雑居時代の二次創作小説をPixivにてフリー公開させて頂きました。今振り返ると恥ずかしい部分もありますが、時間も経過したので。少しでも楽しんで頂けたら嬉しいです。↓


魔法使いの雑居時代1.5〜セイバーさんの同盟国/Pixiv


 ではでは、『Fate』、改めて盛り上がると嬉しいですね。

 素敵な作品は「共有体験」を生み出す、というのが最近の持論です。

 政治にしろ経済にしろ現実では「分断」に働く力学が強いと感じています。昔いっしょに活動していた人が、気が付けばいっしょにいない。「共にあること」という観点からは学校共同体も会社共同体もピンと来なくなってきてるし、今や家族共同体も危うい昨今。

 そういう中で、素敵な作品が何年かぶりに再始動したので、当時の「趣味共同体」が再び繋がり出す、みたいなのは、現在では貴重な「連帯」の力学だと思うのです。

 個人的にも昔『Fate』を媒介に繋がってた人たちとも、また再会したいなーなどと思っております(^_^.

 最近は創作活動や色々な作品の感想を書いてるメインブログの方を主体に活動してますので、そちらもよろしくです。↓

ブログ:ランゲージダイアリー

realtanua at 19:28|Permalink twitterでつぶやく

April 22, 2012

Fate/Zero感想/第十五話「黄金の輝き」

 BS11で地方遅れ視聴中のアニメ『Fate/Zero』セカンドシーズン第十五話「黄金の輝き」の感想です。

 ◇◇◇

 ◇◇◇

 ◇◇◇

 BGM「約束された勝利の剣」が流れはじめた所でキター状態でしたよ。「stay/night」も含めて、セイバーさんがガチでエクスカリバー使うオフィシャルシーンって数えるほどしかないんだよな。初めてゲーム版『Fate/stay night』でエクスカリバー使うシーンを読んだのを思い出す、よい演出でした(ちなみに原作ゲーム「stay/night」では初めてエクスカリバー使うシーンで、セイバーさんの正体がアーサー王だと分かるので、カタルシスが大きい)。

 燃え燃えノリノリというよりも、奈須文体(というよりそれを投影した虚淵文体)の詩をアイリスフィールが詠じる……というしんみりした方向で演出していたのも良かった。


輝けるかの剣こそは
過去・現在・未来を通じ 戦場に散っていく全てのつわもの達が今際の際に抱く悲しくも尊き理想(ゆめ)
その意志を誇りと掲げ その信義を貫けと正し
今、常勝の王は高らかに手に取る奇跡の真名を謳う。
其は……



 『Fate/Zero』はimpermanence(無常観)の物語という記事を以前書いたけど(こちら)、まさに全ての散りゆく者たちに捧げる剣。

 キャスターが散り際に幻視したジャンヌ・ダルクが(ビジュアル的にも)アルトリアに似ていた、というのはアニメ版の演出。ジャンヌ・ダルクも、オルレアンの戦いとか劇的な勝利が称えられる人でありながら、滅びの時は悲惨だった人(諸説研究されているけど)。だから、理想の果てに滅びに辿り着いたアーサー王の聖剣の光と、ジャンヌの存在が幻視的に重なる、という演出。よく考えたな、これ。

 もちろん、この「聖剣を理想を追う果てに散りゆく者たちに捧げる」的演出は、過去・現在・未来と言っているので、「現在」戦っている切嗣たちにも捧げられている。アイリスフィールがこの詩を詠じているというのがまた神演出。ちなみに、「未来」に関してはやはり「stay/night」までを射程に入れて味わいたい(凛ルートの話とか、その辺り)。

 神回でありました。

『Fate/Zero』 Blu-ray Disc Box
『Fate/Zero』 Blu-ray Disc Box

フェイト/ステイナイト[レアルタ・ヌア] PlayStation 2 the Best
フェイト/ステイナイト[レアルタ・ヌア] PlayStation 2 the Best

realtanua at 05:53|Permalink twitterでつぶやく

November 27, 2011

Doujinshi of "Fate/stay night"

I had made a Doujinshi of "Fate/stay night" about 3 years ago.

Doujinshi of saber and rin.

One is a Novel Doujinshi, so people without reading Japanese are hard to read.

Now, I'm translating one to English.

If you are interested in Doujinshi of Saber and Rin, Please do the waiting with expectation.

realtanua at 20:06|Permalink twitterでつぶやく

November 18, 2011

A symbolic "Bridge" in Fate/Zero.

Altough there are a lot of "Bridge" Scenes in Fate/Zero, "Bridge" has symbolic meaning in this Anime.

Nitobe Inazoh(author of "Bushidho") who is famous in Japan said "I wish to be a bridge across the Pacific" when Japan was Meiji and Taisho eras(about 19 century).

In that context, "Bridge" is a symbol of the point between values and values.

In Fate/Zero, Saver's values(philosophy), Kiritsugu's philosophy, many Masters and Servants philosophy, there are a lot of values, and those are crossing each other at Holy Grail War.

So, "Bridge" is symbol of this Animation.

Sometimes, I will try to introduce a critical essay(about Anime) in Japan to other language people. Thanks.

realtanua at 02:41|Permalink twitterでつぶやく

October 06, 2011

Fate/Zero Blog TOP illust full ver.

My friend Kiryu(she makes good illusts) has updated the large size of Fate/Zero illust(cool Saber and Irisviel!) in her homepage.


Her homepage is here.(Japanese only and attention on some erotic illusts.)

http://www11.plala.or.jp/centurybeat/


Very beautiful. Thanks.

Tomorrow, Fate/Zero episode1 is aired on my local area(Sendai, Miyagi) in Japan. I will enjoy it.

realtanua at 05:25|Permalink twitterでつぶやく

October 02, 2011

I have received a NEW Fate/Zero Blog TOP illust.

Fate/ZeroTOP I have received a NEW Fate/Zero Blog TOP illust from my friend. The cool Saber and Irisviel!

This illust is illustrated by Mina Kiryu who makes sophisticated illusts. Her homepage is here.(Japanese only and attention on some erotic illusts)

http://www11.plala.or.jp/centurybeat/

Thanks.

realtanua at 02:32|Permalink twitterでつぶやく

September 27, 2011

The Anime Fate/Zero is coming soon.

Three of the features of the Anime Fate/Zero are (these seem to me..) ,


1.

The first episode(#1) is one-hour Special. (according to the latest NewType which is Japanese famous anime magazine.)


2.

Kinoko Nasu , who is "Fate/stay night" original author , gives extremely good reaction to the first episode in his Blog. (He has seen the movie at a preview.)


3.

Rin is very cute. (Rin Tohsaka at "Fate/stay night" comes on to "Fate/Zero", She is young in "Fate/Zero".).


Brand new TV series "Fate/Zero" will be provided for free for 7 days with eight different language subtitles on Sunday, October 2 at 1:00am (Japan local time).


URL(to watch) is here/

http://ch.nicovideo.jp/channel/fate-zero


There are a lot of "Fate/stay night and Zero" discourses in Japanese. I will introduce some topics in English for world people as a "Fate fan" in Japan. This is my pleasure.


Thanks.

realtanua at 04:37|Permalink twitterでつぶやく

September 22, 2011

"Fate/Zero" latest episode will be provided for free for 7 days.

I say "Fate/Zero" is one of the most favorite production with TYPE-MOON & Gen Urobuchi.

On my having read the version of the novel(original) written by Urobuchi, This is the story which has a good foundation in literature and subculture(Both!).

Yesterday, Press Released that brand new TV series "Fate/Zero" will be streaming simultaneously with eight different language subtitles on Sunday, October 2 at 1:00am (Japan local time) immediately after aired in Japan.


URL(to watch) is here/

http://ch.nicovideo.jp/channel/fate-zero


Now, I have a great pleasure that I will have a shared time to watch the new Animation with world people.

I will write "Fate/Zero" reviews , and will make some pictures in this blog.

Thanks.

realtanua at 05:44|Permalink twitterでつぶやく

September 21, 2011

アニメ『Fate/Zero』がもうすぐ

 メインのブログの方は更新しておりましたが、こちらではお久しぶりです。全体的に震災からの生活再建モードで過ごしておりました。

 痛感してるのは、アニメとかゆっくり観てられたのも平和だったからなんだなということですが、一方でここ10年あまりのアニメ観たりな時間にも意味はあっただろうという風に持っていきたいと色々模索しております。

 そういう訳で、10月からのアニメ『Fate/Zero(公式サイト)』はじっくり視聴しようと楽しみににしています。僕が住む仙台では、関東圏での放映からは一週遅れでBS11での視聴になりそうなんですが、もうこの作品に関しては人生体験とか、そういう感じなんで特に急いで観なくてもじっくり観たいと覚悟完了しています。

 アニメにも意味があっただろうと思いながらも、一方で震災が来ようが経済危機が来ようが俺たちのオタク消費文化は終わらないぜというようなノリにももうピンと来なくなっているのも事実です。

 そんな中で『Fate/Zero』というかufotableやTYPE-MOONは随分前から「消耗品を作りたくない」という方に舵を切っている点に、何かしらピンと来るものを感じています。いや、ufotableも娯楽消費的な作品は作ってるし、TYPE-MOONもFateエクストラの続編とかモロに消費時代の産物じゃんという気もしますが、一方で制作陣のインタビューなんかを追っていると、「消耗品じゃない命かけて向き合って作る」作品というのを追ってるベクトルも彼らの中に強く存在しているのを感じます。

 確かに、『劇場版空の境界』はそういった方向の奇跡の具現で、僕としてはまったく消耗品になっていない作品。10年経っても、折に触れて見返すことがある作品です。それらを作ったスタッフが、また再結集して、決して消耗感覚ではなく「次」を作ったのがアニメ『Fate/Zero』と感じているので、これは見届けたいと思っています。

 「消耗品ではない日本発娯楽作品の可能性」としては、かなり前から原画のこやまひろかずさんやテキストの奈須さんが繰り返しじんわりと「超高速娯楽消費世界ってどうなの」感を各種インタビューで醸し出している、『魔法使いの夜』もそうです。

 早く出せ、早く出せと言ってる人達も多いんですが、そもそも制作哲学として消耗品にしないという理想を目指しているので、制作工程も発売タイミングも、市場と効率重視からは一歩距離を取ってるのだろうと推測します。

 広報キーワードの一つである「時間の流れがゆっくりだった頃」というのも、静かに反超消費主義を掲げているんだろうと。おまけに、舞台が80年代末で、バブル崩壊の頃なんですよ(つまり、既に巫条ビルのような崩壊後の廃墟ビルが描かれていた『空の境界』の少し前)。現実世界でもちょっと今年後半から来年にかけて経済情勢的にそんな感じになって、いよいよみんな「時間の流れがゆっくりだった頃」について考え始めないといけない感じになってくると思うので、そういうタイミングで時代的にリリースしてくれたらいいんだけどなと個人的には思っているのでした。

 ◇◇◇

 また、最近模索しているのは海外の人達との漫画、アニメ、芸能などの話題をきっかけとした交流の漸進的な展開、ですが、TYPE-MOONとかはどうなんだろうと色々調べ始める所です。

 SMAPとかAKB48は既に十分中国とかシンガポールで共通の話題になる規模で展開してるのが分かってるのですが、日本の漫画・アニメの「NARUTO」とかメジャー路線(「NARUTO」の海外人気は凄いです)とはまた違う辺りの話題の度合いのさじ加減ですよね。よく海外のコスプレイベントではセイバーさんとかアーチャーにコスプレしてる外国の方は見かけますけどね。微妙に、各国の神話ネタとかが作品の中核にあるので、「それ違げーよ」とか思いながら見てるんじゃないかと心配になります(笑)。そして、違うなりに受け入れられるんなら、それも多様性受容の一つの形なのだと思います。

 中期的にはそういう話題をきっかけに日本語教育のビジネスを展開していきたいんですが、とはいえそういう場面でいきなり奈須きのこテキストとかは使えないよなー、などとも考えています(笑)。たぶん既に研究してる人もいるんだと思いますが、奈須さんはおそらく文体研究とかで考えるなら泉鏡花辺りから掘り下げていく系統ですよね。そういった、ポップカルチャーを媒介にする話とは矛盾するようだけど、話題の第一歩として娯楽が機能して、そこから消耗品ではない、日本語文体論(及び他の言語の文体論との対照研究)に例えば繋げられる、と、そういう感じの活動を今はイメージしています。

oath sign【期間生産限定版】

MEMORIA(期間生産限定盤 )(アニメ盤)(DVD付)
MEMORIA(期間生産限定盤 )(アニメ盤)(DVD付)

realtanua at 06:13|Permalink twitterでつぶやく

October 05, 2010

劇場版 Fate/stay night UNLIMITED BLADE WORKS/感想

 劇場には見に行けなかった『劇場版 Fate/stay night UNLIMITED BLADE WORKS』をDVDで視聴しましたので感想です。続きを読む

realtanua at 01:03|Permalink twitterでつぶやく

September 15, 2010

劇場版Fateの初回特典など

 アキバBlogさんに月末発売の『劇場版Fate』Blu-rayの初回特典の情報が色々と公開されておりました。個人メディアの場を借りて企業広報が行う告知が最初の告知という辺りに時代を感じます。

【コラム・ネタ・お知らせ】 劇場版Fate / stay night - UNLIMITED BLADE WORKS 描き下ろしジャケット3種先行公開です!/アキバBlog

 映像だけ観られればいいかなくらいに思ってたんですが、これイラスト集と原画集は欲しいな! まだ自部屋にBlu-ray環境無いんですが、特典目当てでBlu-ray版行っておくかもしれない。

realtanua at 15:47|Permalink twitterでつぶやく

June 30, 2010

セイバー、凛、桜

「仮面ライダーカブト」(37〜49話/全49話)/特撮-13月の迷宮

 じわじわとくる良い感想。

>「自分が変われば世界は変わる」という天道の台詞は聞くタイミング次第で響くものがあるだろう。

 Twitterで六法氷樹さん(http://twitter.com/roppou_hyouki)もいつだかつぶやいていたと思うんですが、凛様の、

「なんで? 世界なんて、とっくにわたしの物じゃない」

 もこれに近い。

 セイバールートのセイバーさんは、理想と言いつつ世界の方を変えようとしていた感があります。

 あのルートをプレイすると、問答無用で、ああ、やっぱあるべき理想を目指して全てを捧げるって尊いよなーと思えるんですが、一方でセイバーさんは『空の境界』の荒耶宋蓮に近いよな、と言うような話もオフ会でしたことがあります。

 つまり、荒耶が橙子さんに指摘されたように、セイバーさんも、あなたの理想、あなたの目指す世界、あなたが守りたい人間、それはあなたの頭の中にあるだけだ、と指摘され得てしまう。現実の方は世界も人間ももっと愚か、という。

 一方で桜ルートになってしまうと、自分自身が世界に害なす存在なので、自分を殺すか世界を殺すか問題にまで発展してしまう。本質は悪(世界に害なす)だとしても、存在すること自体は否定されるべきではない、と言う言峰の方がラスボスと言う、凄いルート。

 真ん中が凛ルートなのはやっぱりそういうテーマ上の意味もある気がして、この問題の振れ幅を調節しながら、なんとか自分も世界も両方守っていけるのは、たぶん凛様だけ。アーチャー化しない士郎があり得るのは、たぶん凛様がパートナーの凛ルートアフターだけなんじゃないかなんて解釈しております。

 今思ったんだけど、凛様が桜ルートの最後に使う魔法が平行世界ネタなのもこの辺りに関係してるのか。超マクロな視点もありつつ、だけど極点で桜(ミクロ)を切ることはできない……という辺りが、一番作中解付近にいるキャラクターだと思ったりするのでした。

フェイト/ステイナイト[レアルタ・ヌア] PlayStation 2 the Best
フェイト/ステイナイト[レアルタ・ヌア] PlayStation 2 the Best

realtanua at 12:54|Permalink twitterでつぶやく

September 26, 2009

TYPE-MOONベストバウト私的5選

 といってもFateと空の境界しか知らなかったりですが(月姫をやったことがないんだよなー)、何となく書いてみます。

●セイバーVS佐々木小次郎/Fate

 クライマックス級のバトルじゃないながら、凄い好きな一戦。

 アーサー王と佐々木小次郎に剣劇させてみようぜ! という山田風太郎ノリのシチェーションだけでお腹いっぱいです。決着もどことなく山風忍法帳的。伝奇の系譜を自認しておられるらしい奈須きのこテキストの真骨頂という感じ。

●遠坂凛VSキャスター/unlimted blade works

 正統な魔術の系譜に誇りを持ってる遠坂家の凛様が、あらゆる魔術を布石に使って、本命は中国拳法での肉弾戦に持ち込むというカッコイイ展開の一戦。相手が魔術に関しては最強のキャスターというシチェーションで、迷わず魔術を捨てて殴りにかかる凛様が凄い。こ、この女怖いと思った瞬間。

●衛宮士郎VS言峰綺麗/Heavens feel

 Fateを締めくくる最終戦。

 存在には意味がある、自分を重ね合わせての、本質が悪でも生まれてくるものは否定されるべきではないという言峰の言い分も凄く分かる一方で、全てを犠牲にしても桜を守るという士郎の信念を捨てた信念も気高いという、ラストバトルにふさわしい正義と正義のぶつかり合い。己の存在をかけての殴り合い。これぞ、「物語」と思ったいつかFateをクリアしたあの夜。

●両儀式VS荒耶宋蓮/劇場版空の境界第五章「矛盾螺旋」

 事実上の最終戦。

 根源を求めた荒耶宋蓮に対して、荒耶の求めたものの具現とも言える第三の両儀式が、取るに足らない存在のはずだった巴くんが託した日本刀を手に戦うという神シチェーション。これは圧倒されたなぁ。それにしてもこの式、回り過ぎである。

●黒幹鮮花VS黄路美沙夜/劇場版空の境界第六章「忘却録音」

 少女小説対決。

 リアリスト少女VSファンタジー少女。

 ファンタジーな黄路先輩の妖精攻撃を、片っ端から炎で焼き尽くす鮮花さんの勇姿がカッコいい一戦。ラストのかかと落としで、鮮花、そして伝説へ。

 結局黄路先輩を助けるという終幕もどことなく少女小説的であった。

realtanua at 01:04|Permalink twitterでつぶやく

July 31, 2009

劇場版Fate/stay nightだってーっ!!

 げ、劇場版Fate/stay nightだってーっ!!

公式サイト

realtanua at 22:02|Permalink twitterでつぶやく

May 04, 2009

セイバー写真集も買ったので簡単にレビュー

 生きてるうちに楽しもうという境地に開眼し、『Fate/stay nightセイバー写真集』も買ってみました↓

セイバー写真集1

 ざっと、

・女子高生鏡像セイバーさん
・パンク風セイバーさん
・スク水セイバーさん
・浴衣セイバーさん
・チャイナドレスセイバーさん
・ブルマセイバーさん
・裸ワイシャツセイバーさん
・メイドセイバーさん
・パジャマセイバーさん
・凛様衣装セイバーさん
・ウェディングドレスセイバーさん

 と、ちょ、おまえ自重しろ! みたいなラインナップのセイバーさんイラストが大型本サイズで収録されております。

 これで1800円は、個人的にはセイバーさん好きには納得のコストパフォーマンスかと。

 パンク風セイバーさんが良かったな。ちょっとだけ写メを載せてしまおう↓

セイバー写真集2

 Fate/Zeroでバイク乗ってたからな。ギター持ってパンクロックセイバーさんくらいはアリな気も。すいません。今「けいおん!」にもハマってます。

Fate/stay night セイバー写真集
Fate/stay night セイバー写真集


realtanua at 18:42|Permalink twitterでつぶやく

April 28, 2009

『Fate/complete material I Art material.』買ったよ

 今更ですが、買ってきました。

Art Material 1

 外箱デカ!

Art Material 2

 本箱はなんか魔術的

Art Material 3

 ようやっと中身。

 ◇

 内容は、僕のようなレアルタ・ヌアから入った人には見たこと無い絵がいっぱいあって良かったなー。

 PC版のR-18シーンのCGもはじめて見たし、後タイムリーにPC版発売の頃に各種メディアに露出していた販促描き下ろしイラストが載ってたのが良かった。僕は、レアルタ・ヌアの頃の販促イラストしか知らなかったんで。原画:武内崇、彩色:こやまひろかずの各種イラストは神だなー。そして今度はこやまひろかずさんが『魔法使いの夜』で原画担当と。あー、まだまだ楽しみだ。

Fate/complete material I Art material.
Fate/complete material I Art material.

realtanua at 14:29|Permalink twitterでつぶやく

December 28, 2008

凛×セイバー?FateSS本『魔法使いの雑居時代1.5』/冬コミ(C75)頒布コピー誌

魔法使いの雑居時代1.5表紙S  ギリギリですが、明後日の冬コミ3日目(火曜日)に頒布させて頂くFate/stay nightコピー誌の情報を載せておきますー。
 ちょ、ちょっとだけ凛×セイバーな感じかもだ。

詳しくはこちらからどうぞ

realtanua at 10:50|Permalink twitterでつぶやく

November 18, 2008

冬コミ(CM75)もFateで参加させて頂きます

 こちらのブログではお久しぶりです。

 再び冬コミにFateで参加させて頂く運びになったので、ご報告をば。

 

・サークル名:Language×2
・スペース:火曜日3日目(12月30日)東地区 “W”ブロック13a


 となります。

 新刊は進行が微妙で、オフになるかコピーになるかどうかなーという感じなんですが、可能な限り、再び凛、セイバー、士郎で仲良し生活なんだけどちょっぴりしんみり、みたいなお話の本を予定しております。

 少なくとも、夏コミで出した既刊(魔法使いの雑居時代イラストに、Fate小説という本)は持っていきますので、是非是非、冬コミに参加される方はふらりと足を運んで頂けたらと。

 新刊が出せそうで、情報がまとまってきたら、またこっちも更新にやってきますー。

 ◇

 時流的に、『空の境界』の方に最近は浮気気味で、特に鮮花が好きで、『劇場版第六章』を見に行く楽しみ度といったら常軌を逸してる感じなんですが、それはそれで、冬コミは凛様メインでSunny dayアフターなヤツを再び。鮮花も、凛様の原型になってる部分があるとか言われますしねー。

realtanua at 18:40|Permalink twitterでつぶやく

July 29, 2008

Fate/Zero(フェイト/ゼロ)/1〜4巻/感想/虚淵玄

 「違う。ボクは――あの人の臣下だ」(ウェイバー・ベルベット)

 『Fate/Zero(フェイト/ゼロ)』1〜4巻(完結)のネタバレ感想です。『Fate/stay night』本編のネタバレも含む点をご注意下さい。続きを読む

realtanua at 06:16|Permalink twitterでつぶやく

July 16, 2008

Fate同人誌出します

 こちらのブログではお久しぶりです。
 今日は今年の夏コミ(CM74)にてTYPE-MOON同人誌出すことになりましたので、その宣伝をば。
 Fate小説・イラスト&魔法使いの夜イラストからなるオフセット同人誌です。夏に暇な方は是非是非。
 詳しくはこちらのページに書いておりますので、クリックして読んでみて下さい↓

 http://www3.plala.or.jp/languagelanguage/
novel/tm/tm.html


 同人誌なんぞ作っておりましたが、Fateはホロウアタラクシアは既にクリアして、現在Fate/Zeroの2巻の後半読んでるとこです。劇場版『空の境界』も東京まで観に行く&DVDも買ってると、相変わらずTYPE-MOON作品にハマっております。
 その辺りもボチボチ感想アップして行こうと思っているので、時々チェックして頂けたら嬉しいですm(_ _)m
 このブログはFateブログというより、TYPE-MOONの総合ファンブログみたいな感じに近々リニューアルする予定です。メインブログで書いてる『空の境界』感想とか移して、『魔法使いの夜』が発売になった頃にはまたプレイ日記とかつけて、時々同人誌なんかも作ってと、まったりペースですが充実したコンテンツを作っていこうと思ってますんで、引き続きヨロシクですー。

realtanua at 23:51|Permalink twitterでつぶやく

December 08, 2007

レアルタ・ヌア感想/プレイ日記36−Last Episode(ラストエピソード)−

 私がここで、貴方の強さ知っている。

 Fate/stay night[Realta Nua]オリジナルのファイナルシナリオ、「Last Episode(ラストエピソード)」を読了したので感想。続きを読む

realtanua at 09:32|Permalink twitterでつぶやく

December 07, 2007

レアルタ・ヌア感想/プレイ日記35−桜ルートエンディング編−

 「士郎だって判ってるでしょ?ぜんぶを選ぶことはできない。助けられるのは一人だけなんだって」(イリヤスフィール)

 桜ルートのトゥルーエンドまで一気にプレイ。続きを読む

realtanua at 20:51|Permalink twitterでつぶやく

November 08, 2007

レアルタ・ヌア感想/プレイ日記34−黒セイバー登場編−

 「間桐桜を救う事は、自分を殺す事だと理解しているな?」(言峰綺麗)

 理想を棄却して桜を守ると決めた士郎はイリヤに協力してもらうべく一路森へ。そこでついに黒セイバーさんが登場&真夜(アルヤル)が爆発など、色々とんでもないことに。続きを読む

realtanua at 23:24|Permalink twitterでつぶやく

September 14, 2007

レアルタ・ヌア感想/プレイ日記33−理想の棄却編−

 「約束する。俺は、桜だけの正義の味方になる」(衛宮士郎)

 凛さま邸での修行を中断して衛宮邸に戻ると慎二に桜がさらわれているという展開に。ここから怒濤の展開でこれまで意味深に描かれてきた桜伏線が全面開示。一気にこれまでの理想を取るか?桜の救済というエゴを取るか?という究極の選択まで話が進みます。続きを読む

realtanua at 09:43|Permalink twitterでつぶやく

July 21, 2007

Fate/stay nightアニメ版/DVD1巻/感想/第1話「始まりの日」,第2話「運命の夜」,第3話「開幕」

 「誰かを救うというのはね、他の誰かを救わないってことなんだよ」(衛宮切嗣)

 微妙に居間が使えなくてレアルタ・ヌアがプレイできないんで、Fate分が足りないナリ!衝動がマックスに達し、まあ、セイバールートのみのアニメ化って聞いてるし、桜ルートのネタバレはなかろうからいいか、と開き直ってアニメ版Fate/stay nightのDVDを借りてきましたよ。続きを読む

realtanua at 17:20|Permalink twitterでつぶやく

July 16, 2007

レアルタ・ヌア感想/プレイ日記32−髪留め伏線編−

 「あーなんだ。外に、出さなければいいんだ」(間桐桜)

 夜、柳洞寺に赴いての、VS真アサシン、間桐臓硯、真夜(アルヤル)とのバトル。まさかのセイバー消滅をうけて、翌日のそれでも戦い続けるという士郎の決意、凛さまとの完全な協力関係締結まで。続きを読む

realtanua at 23:27|Permalink twitterでつぶやく

July 14, 2007

Fate/stay night[Realta Nua]ORIGINAL SOUNDTRACK(初回限定盤)/レビュー

 Fate/stay night[Realta Nua]のサウンドトラックの初回限定版のレビューです。
 WAVEさんのFate/stay nightアレンジアルバム『AVALON』だけヘビーリピートして聴いていたわけですが、アレンジ前の原曲の方を聴いてないのもなんだなと思い至り、思い切って購入。で、少々高いですが、初回限定盤の方が絶対にいいです。続きを読む

realtanua at 19:43|Permalink twitterでつぶやく

July 13, 2007

レアルタ・ヌア感想/プレイ日記31−イリヤバッドエンド編−

 「わたし、フクシュウに来たのに、その相手がもういないのって悲しいね」(イリヤスフィール)

 怪人Xが登場してきたり、臓硯と真アサシンの関係が明らかになったりと読み進めていたんですが、突如イリヤのバッドエンドを食らって2日ほど戻って再読することに。その後は何とかイリヤイベントを回収できて、凛さまの間桐邸訪問まで進めました。続きを読む

realtanua at 02:30|Permalink twitterでつぶやく

July 11, 2007

レアルタ・ヌア感想/プレイ日記30−言峰麻婆豆腐編−

 「いいえ、先輩は間違ってません。まっすぐで、カッコいいです」(間桐桜)

 桜の看病を受けながらまったり日常モード……と思いつつ、夜にまた桜が倒れて、じっくり語りモード。一方で夜には幕間劇として、柳洞寺に白い髑髏なる真アサシンが登場してランサーとのバトル。翌日、桜のお弁当問題を経て、言峰綺麗との麻婆豆腐対談。慎二、ライダー再召還まで。続きを読む

realtanua at 16:46|Permalink twitterでつぶやく

June 29, 2007

リボルテックセイバー/レビュー

セイバー5  本日はFate/stay night[Realta Nua]のプレイ日記は一休みして、思わず購入してしまった海洋堂のリボルテックセイバーフィギュアのレビューなんぞを。続きを読む

realtanua at 19:21|Permalink twitterでつぶやく