aamall

Fate

June 16, 2007

レアルタ・ヌア感想/プレイ日記29−伏線胎動編−

 「けど先輩?わたしは、先輩のそういうところが大好きです」(間桐桜)

 VSライダー戦後、慎二絡みで桜をどうするかを凛さまに相談。結局、衛宮邸でしばらく預かることに。その後伏線が散りばめられた日常パートをはさんで、夜には柳洞寺にてVSキャスター、既に戦力を失っていたキャスターにあっさり勝利しますが、ここでも様々な謎が伏線として残ります。その夜、凛さまに関する不思議な夢を見て(これも伏線)、朝起きたら士郎が風邪をひいていた……という所まで。続きを読む

realtanua at 13:04|Permalink twitterでつぶやく

June 13, 2007

レアルタ・ヌア感想/プレイ日記28−反英雄論編−

 「おまえや切嗣は反英雄と呼ばれる“救い手”の在り方だ」(言峰綺麗)

 バーサーカー戦後の凛さまとの交渉決裂、言峰教会に赴いての衛宮切嗣の過去と綺麗の反英雄論についての講釈を聞き、夜にセイバーとマスター探しに出かけて、VS慎二&ライダー戦決着まで。決着後、間桐臓硯が色々と思わせぶりなことを言ってきます。続きを読む

realtanua at 17:57|Permalink twitterでつぶやく

June 09, 2007

レアルタ・ヌア感想/プレイ日記27−桜ルート開始編−

 「はい、わたしたち、おなじものを見てたんです」(間桐桜)

 一応のファイナルルート、桜ルート(Heaven's Feel)突入から、セイバールート軸のVSバーサーカー戦内に挿入されるこのルートオリジナルの幕間劇で桜の謎が明らかになり、桜ルートのオープニングムービー開始まで。続きを読む

realtanua at 19:13|Permalink twitterでつぶやく

June 07, 2007

レアルタ・ヌア感想/プレイ日記26−凛ルートGoodエンディング/Sunny day編−

 「彼は私が間違えていると言った。……その答えを、いつか……貴方が私に教えて下さい」(セイバー)

 今回は文章読み飛ばし機能を利用して選択肢を選び直し、凛ルートのもう一つのエンディング、「Goodエンディング/Sunny day」を見てみました。続きを読む

realtanua at 13:16|Permalink twitterでつぶやく

June 04, 2007

レアルタ・ヌア感想/プレイ日記25−凛ルートエンディング編−

 「My Whole life was unlimited blade works」(衛宮士郎)

 三面構成の最終戦から、凛ルートのエンディングまで。続きを読む

realtanua at 10:12|Permalink twitterでつぶやく

May 28, 2007

レアルタ・ヌア感想/プレイ日記24−VSアーチャー決着編−

 セイバーは言葉を失ったまま愕然とアーチャーを見上げる。
 それは、己の鏡像を見たような貌でもあった。


 イリヤスフィールの城でのVSアーチャー戦決着から、最終戦前夜まで。続きを読む

realtanua at 08:29|Permalink twitterでつぶやく

May 25, 2007

レアルタ・ヌア感想/プレイ日記23−アーチャーの正体判明編−

 「アイツとだけは、俺が決着をつけなくちゃいけないんだ」(衛宮士郎)

 VSキャスター陣営決着から、めくるめく変動を経てVSアーチャーの形になるまで。その過程で、アーチャーの正体が明らかになります。続きを読む

realtanua at 05:32|Permalink twitterでつぶやく

May 18, 2007

レアルタ・ヌア感想/プレイ日記22−陣営変動編−

 ――バーサーカーは強いね(イリヤスフィール)

 葛木&キャスターVS凛さま&アーチャー戦で、まさかのアーチャー裏切り。逃亡した士郎と凛さまはイリヤを仲間に引き入れる作戦に出ますが、訪れたイリヤの館では真二&ギルガメッシュによりイリヤ&バーサーカーが抹殺されてしまいます。呆然としてる所にランサーが現れて、何故か士郎、凛さま、ランサーで共同戦線を組むことに。陣営変動がめまぐるしい。続きを読む

realtanua at 14:00|Permalink twitterでつぶやく

May 15, 2007

レアルタ・ヌア感想/プレイ日記21−凛さまとデート編−

 要するに分不相応。
 こんなもの、おまえには勿体なさすぎる、と
 どこか、深いところにいる自分が告げていた。


 士郎の自己犠牲救済策として一計を案じてくれた凛さまとのデート。そしてその帰り際、衛宮邸での藤ねえを人質に取られてのVSキャスター戦。その戦闘にて、士郎の令呪が剥奪されセイバーがキャスターに奪われるまで。続きを読む

realtanua at 00:17|Permalink twitterでつぶやく

May 13, 2007

レアルタ・ヌア感想/プレイ日記20−理想問答編−

 「――じゃあなに。アンタ、自分の為に魔術を習ったんじゃないの?」(遠坂凛)

 VS葛木宗一郎・キャスターのバトルの翌日、投影魔術の影響で半身が麻痺したまま過ごし、凛さまが家にやってきて作戦会議。夜に、凛さま、アーチャーとが自己犠牲的な士郎のあり方に関して否定してくる所まで。続きを読む

realtanua at 07:00|Permalink twitterでつぶやく

May 11, 2007

レアルタ・ヌア感想/プレイ日記19−VS葛木宗一郎編−

 「――どうして、シロウは正義の味方なのですか?」(セイバー)

 キャスターのマスター探索編が功を奏して、葛木宗一郎に目星をつけたらドンピシャ。がっちり士郎・セイバー・凛さまVS葛木宗一郎・キャスターのバトルに。今回はこのバトル明けまでですが、このバトル、斜めベクトルで僕的ベストかも。続きを読む

realtanua at 13:18|Permalink twitterでつぶやく

May 10, 2007

レアルタ・ヌア感想/プレイ日記18−キャスター探索編−

 「昼飯代、忘れたのか?弁当はやらないけど、サンドイッチ代くらいでいいんなら貸してやるぞ?」(衛宮士郎)

 セイバールートにもあった慎二の結界発動イベントが今度は違った結末を迎え、その後引き続き学校に潜伏するキャスターを探索。選択肢間違いでキャスターに操られてた柳洞一成に斬りつけられて DEAD ENDまで。続きを読む

realtanua at 16:43|Permalink twitterでつぶやく

May 09, 2007

レアルタ・ヌア感想/プレイ日記17−士郎とアーチャー編−

 「理想を抱いて溺死しろ」(アーチャー)

 今回はバトルバトルバトル。放課後の校舎を舞台にした士郎VS凛さま。雑木林に舞台を移しての士郎・凛さまVSライダー。催眠誘導のようなもので夜に柳洞寺に呼び出されての、士郎VSキャスター……と思いきやセイバーVSアサシン、アーチャーVSキャスターの二面構成。そして、とどめに士郎がアーチャーに溺死させられそうになるまで。まんべんなく、対照構成を取りながらバトルエピソードを通して掘り下げられているのはの士郎とアーチャーの「理想」についてといった感じ。続きを読む

realtanua at 08:09|Permalink twitterでつぶやく

May 07, 2007

レアルタ・ヌア感想/プレイ日記16−桜と藤ねえと同居編−

 「切嗣の受け売りなんだけどな、正義の味方になるんだったらエゴイストになれって」(衛宮士郎)

 4日目朝の凛さまとの決別から、セイバーを連れての学校パート。夜はセイバー同居問題がどう転んでか桜と藤ねえまで同居することで落ち着くことに。5日目、美綴綾子が失踪したりと日常が浸食されつつある中、放課後の学校で凛さまに襲われ、選択肢間違いでBAD ENDに落ち着くまで。続きを読む

realtanua at 06:16|Permalink twitterでつぶやく

May 06, 2007

Fate/stay tune/感想/第8回 私、どっちかと言うと S なんです

 セイバー役の川澄綾子さんと、遠坂凛役の植田佳奈さんによる『Fate/stay night』のWEBラジオ、「Fate/stay tune」(視聴はこちらから)の感想記事。今回は、第08回「私、どっちかと言うと S なんです」の感想を行ってみたいと思います。今回はゲストに間桐桜役の下屋則子さんが登場です。続きを読む

realtanua at 13:26|Permalink twitterでつぶやく

May 05, 2007

レアルタ・ヌア感想/プレイ日記15−凛ルート開始編−

 ――瞬間。
 あらゆる音が、失われた。


 3日目夜に戻り新選択肢を選択して、アーチャーの戦力がそがれない状態で、凛さま、セイバーと言峰教会へ。帰り際、セイバールートと同じくイリヤ&バーサーカーが来襲するものの、アーチャーが戦力内のために、セイバールートとは違うバトルに。アーチャーがセイバーごとバーサーカーを消し去ろうという弓の宝具で遠距離から攻撃してきて戦闘の舞台だった墓地が炎上。士郎が言いようのない吐き気を覚えた所でオープニングムービーその2へ……という所まで。続きを読む

realtanua at 08:58|Permalink twitterでつぶやく

May 04, 2007

レアルタ・ヌア感想/プレイ日記14−セイバールートエンディング編−

 ――シロウ貴方を、愛している(セイバー)

 柳洞寺を舞台にしたセイバーVSギルガメッシュ、シロウVS言峰綺礼の二面構成の最終決戦。セイバーの最後の宝具、エクスカリバーの鞘、アヴァロン(全て遠き理想郷)が決め手となって両者勝利。聖杯を破壊してセイバーとの別れ。エンディングにおける少女アルトリアの救いまで。続きを読む

realtanua at 08:54|Permalink twitterでつぶやく

May 03, 2007

レアルタ・ヌア感想/プレイ日記13−最終決戦前夜編−

 けれど何もかも無かった事になってしまったら、一体、奪われた全ての想いは、何処に行ってしまうのだろう(衛宮士郎)

 セイバーとのデート後、セイバーの内面に踏み入り過ぎて不和に。迎えに行って和解しかけた所で謎のサーヴァント改めギルガメッシュ来襲。エクスカリバーが破られた上で瀕死の状態で何とか一次撃退。その夜セイバーと体を重ね、明けて言峰教会にて全ての謎明かし。士郎の信念の告白に、その告白へのセイバーの同調。二人で聖杯を破壊することを決意するまで。続きを読む

realtanua at 07:58|Permalink twitterでつぶやく

May 02, 2007

レアルタ・ヌア感想/プレイ日記12−士郎の「願い」編−

 まだ、こうしていたいと。あの笑顔を、まだ見ていたいのだと願っている――(衛宮士郎)

 数々の選択肢をくぐり抜け、VSキャスター編も佳境という所で謎の第8のサーヴァントが乱入してキャスター消滅。セイバーの存在を含めて色々と話を聞きに深夜の言峰教会に赴き、帰り道、士郎が自分の願いを自覚するまで。続きを読む

realtanua at 09:00|Permalink twitterでつぶやく

April 30, 2007

レアルタ・ヌア感想/プレイ日記10−VSバーサーカー戦決着編−

 ――曰く。
 彼の主はブリテンを象徴する赤き竜。


 イリヤの城まで士郎を救出にきたセイバー&凛・アーチャーと合流して脱出……という所でイリヤに見つかって、アーチャーを犠牲にして一旦離脱。セイバー消滅間近につき、逃げ切れないと悟り、士郎からセイバーへの魔力回路移植という荒技を経てセイバーを復活させることに。観念的な魔力回路移植儀式を経て、復活したセイバーと共にバーサーカー戦に挑み、決着するまで。続きを読む

realtanua at 03:13|Permalink twitterでつぶやく

April 29, 2007

レアルタ・ヌア感想/プレイ日記9−セイバーの真名判明編−

 「エクスカリバー!」(セイバー)

 作戦会議を経て、慎二&ライダーを探索。深夜の新都摩天楼にてセイバーVSライダーの超絶バトル。戦いの最中ついにセイバーが宝具の真名、約束された勝利の剣−エクスカリバー−の名を叫び、ライダー撃破。翌日、昏倒するセイバーがこのままでは消えてしまうという危機に、何故かイリヤに捕まって、プレイ中初のバッドエンドまで。続きを読む

realtanua at 02:45|Permalink twitterでつぶやく

April 27, 2007

レアルタ・ヌア感想/プレイ日記8−VSライダー編−

 「誰が何をしようと、救われぬ者というのは確固として存在する」(アーチャー)

 昼食の買い出し時にイリヤ単体と遭遇、朝夕は和みイベント、夜にはアーチャーからの正義論&アドバイスなどを受けつつ、修行パートの二日間を終え、慎二に呼び出されて学校に赴いた所で結界が発動。絶対絶命のピンチに令呪を使ってセイバーを召還し、VSライダーとの第一次バトルまで。続きを読む

realtanua at 01:58|Permalink twitterでつぶやく

April 26, 2007

Fate/stay tune/感想/第6回 味オンチは誰だ

 セイバー役の川澄綾子さんと、遠坂凛役の植田佳奈さんによる『Fate/stay night』のWEBラジオ、「Fate/stay tune」(視聴はこちらから)の感想記事。今回は、第06回「味オンチは誰だ」の感想を行ってみたいと思います。続きを読む

realtanua at 15:34|Permalink twitterでつぶやく

レアルタ・ヌア感想/プレイ日記7−アサシン登場編−

 「何故ならアンタの中では、どうしてか知らないけど、自分より他人の方が大切だからよ」(遠坂凛)

 夜中、士郎の意志に反してセイバーが単独で柳洞寺に突撃、アサシンと遭遇してバトル。水入り後、セイバーと戦いのあり方に関する問答になり、話の流れから士郎を鍛えるという路線で決着。俗に言う修行パート(たぶん)が始まる所まで。続きを読む

realtanua at 03:08|Permalink twitterでつぶやく

April 25, 2007

レアルタ・ヌア感想/プレイ日記6−ライダー登場編−

 「わかりました。それではシロウ、私たちだけで寺院に赴きましょう」(セイバー)

 夜、食卓にて凛さまに加えてセイバーを桜と藤ねえに紹介して一悶着。翌日は学校の結界調査のうちに、友人の間桐慎二がライダーのマスターであることが判明。ついでに情報として得た、柳洞寺にもう一人マスターが陣取ってるという情報をもとに叩きに行くか行かざるか、選択の時まで。続きを読む

realtanua at 03:12|Permalink twitterでつぶやく

April 24, 2007

レアルタ・ヌア感想/プレイ日記5−セイバーさんと凛さまと同居編−

 「ですから、そんな人間がいるとしたら、その人物の内面はどこか欠落しています」(セイバー)

 凛さまと同盟締結後、セイバーと二人きりでドギマギしてたりしたら凛さまが下宿にやって来て、そのまま一夜。翌日、桜、藤ねえ、慎二、一成と、主立ったメンバーに凛さまと一緒にいることを突っ込まれ、何とかかわして学校の昼休みを迎えた所まで。続きを読む

realtanua at 01:32|Permalink twitterでつぶやく

April 23, 2007

レアルタ・ヌア感想/プレイ日記4−セイバー登場編−

 「――問おう。貴方が、私のマスターか」(セイバー)

 プロローグリフレイン3日目にして、士郎がランサーに再殺されそうになった所で作中三度目のセイバー登場シーン。残りは、凛さまに連れられていった言峰教会にて言峰綺礼から聖杯戦争の説明を受けて、士郎も聖杯戦争に参戦。帰りにイリヤ&バーサーカーに襲われ、死んだと思ったら生きてて、翌朝、凛さまとバーサーカーを倒すまで協力しましょう同盟を結ぶまで。続きを読む

realtanua at 02:18|Permalink twitterでつぶやく

April 22, 2007

レアルタ・ヌア感想/プレイ日記3−本編開始編−

 「士郎、誰かを救うという事は、誰かを助けないという事なんだ」(衛宮切嗣)

 凛さま視点だったプロローグ3日間を、主人公衛宮士郎に視点を移して再びリフレインという序盤まで。2日目が終わるまで読了。選択肢は、とにかく桜重視で選んでみました。というか桜アヤシイー。続きを読む

realtanua at 01:36|Permalink twitterでつぶやく

April 21, 2007

Fate/stay tune/感想/第5回 二人は何オタク?

 セイバー役の川澄綾子さんと、遠坂凛役の植田佳奈さんによる『Fate/stay night』のWEBラジオ、「Fate/stay tune」(視聴はこちらから)の感想記事。今回は、第05回「二人は何オタク?」の感想を行ってみたいと思います。続きを読む

realtanua at 08:51|Permalink twitterでつぶやく

レアルタ・ヌア感想/プレイ日記2−プロローグ終了編−

 「なんで? 世界なんて、とっくにわたしの物じゃない」(遠坂凛)

 結界が張られた学校でのランサーVSアーチャーのサーヴァント同士の初バトルと、その戦いの最中犠牲となった衛宮士郎を凛さまが父の形見のペンダントで救済するまで。
 そして同日夜、衛宮士郎を再殺に向かうランサーを凛さまが衛宮邸まで救出に向かった所で、冒頭の時間軸に戻り最強のサーヴァントセイバー登場でオープニングムービーへ。セイバー、か、かっこいい。続きを読む

realtanua at 01:00|Permalink twitterでつぶやく